【ワーク】本当の自分探しと価値観の明確化

以下の問いかけは、本当の自分のあり方や価値観をより明確にし、ゴール設定やバランスホイール、アファメーションづくりに大変役立つものとなります。

十分に時間をとって取り組み、本当の自分探しをすることで、将来あるべきビジョンをより明確にしていってください。

能力・資質・強み


Q1、あなたが過去に成功したこと、うまくいったことは何ですか? それらができたあなたの能力、資質、強みとは何ですか? 成功から得た学びとは何ですか?


Q2、あなたが過去に経験した逆境とは何ですか? 逆境を乗り越えることができた秘訣、あなたの能力、資質、強みとは何ですか? 逆境から得た学びとは何ですか?


Q3、あなたが過去にうまくいかなかったこと、挫折したことは何ですか? それはなぜだと思いますか? 何をどう変えれば、成功することができますか?


コンプレックスの克服


Q4、自分の嫌いなところ、直したいところ、もしくはコンプレックスはありますか? それはなぜですか? そしてそれを克服したときに、あなたが本当にしたいことは何ですか?


Q5、周囲の人は体験・経験してきているのに、あなたには体験・経験できていないことはありますか? そしてそれらをしたいと思いますか? それはなぜですか?


魅力


Q6、あなたが周りの人からよく褒められることは何ですか?


Q7、「あなたって〇〇だよね」とよく言われる一言やキーワードは何ですか?


Q8、あなたがファンやお客様にこだわりたい点や最大の価値は何ですか?


Q9、もしあなたが1位やオンリーワンを名乗れるとしたら、それは何ですか? もしくは、そうなりたいこと(分野やスキル等)は何ですか?


夢中


Q10、子供の頃や学生時代、過去に好きだったこと、夢中になっていたことは何ですか?


Q11、今、好きなこと、時間を忘れて夢中になれることは何ですか?


Q12、今までの人生で、1番に楽しかったこと、もしくはうれしかったことは何ですか? それはなぜですか?


Q13、今までの人生で、2番目、3番目に楽しかったこと、もしくはうれしかったことは何ですか? それはなぜですか?


生きがい・達成感


Q14、仕事や遊びなどを通じて、あなたが最高に喜びや達成感、やりがいを感じるものは何ですか? どんな瞬間ですか?それはなぜですか?


Q15、無限とも思われる選択肢の中で、あなたが今の立場や仕事を選んだ理由は何ですか? あなたの仕事の存在意義とは何ですか?


Q16、そのときに決意したことはありますか? そしてそれらは、今後もあなたの人生にとって必要なものですか?


Q17、お金も時間も際限なく無限にあるとしたら、あなたは何をしたいですか? 本当はどんな人生にしたいですか? どんな仕事や遊びをしたいですか? また、それはなぜですか?


影響力


Q18、あなたは大いなる影響力や人望を持ちたいと思いますか? それらを手にしたときにあなたは何がしたいですか? それはなぜですか?


Q19、あなたは周囲の人達にどのように見られたいですか? どのように見られたら最高に気持ちがいいですか? それはなぜですか?


Q20、あなたが今後、付き合いたいと思う人はいますか? その人はどんな人で、なぜ付き合いたいと思いますか? その人の魅力とは何ですか?


使命


Q21、あなたにとって最愛の人とは誰ですか? それはなぜですか? そしてその人達にしてあげたい、あなたの役割や使命とは何ですか?


Q22、もし、自分があと1年で命が尽きるとしたら、何をしますか? 何を想い、何を案じ、残された瞬間まで何に対して真摯に向き合いますか?


Q23、もし、自分に残された時間をあと3年に延ばすことができたら、さらにあなたは何をしますか? 自分は何をすべきと感じますか?


Q24、今、生かされているこの命をかけて行うべきこと、あなたの生きる目的や役割、使命とは何ですか? 誰のために、何のために与えられた命を生かし、全うしますか?


ビジョン


Q25、あなたが最終的に達成したい究極のビジョンはありますか? それはどのようなものですか? それはなぜですか?


Q26、そのビジョンを通して、あなたは世の中にどんな価値をもたらしたいと思いますか? どのような貢献ができますか?


Q27、これを達成しない限り、絶対に死ねないと思うことはありますか? もしくは、これさえできれば人生に悔いなしと思えることはありますか? なぜそう思うのですか?


【コーチングを実践するための7ステップ】

  1.  STEP1 ゴール設定
  2.  STEP2 スコトーマ
  3.  STEP3 コンフォートゾーン
  4.  STEP4 エフィカシー
  5.  STEP5 セルフトーク
  6.  STEP6 アファメーション
  7.  STEP7 ビジュアライゼーション