ライフィングコミット LINE公式アカウント

【Q&A】アファメーションは何個書いたらいいでしょうか?

ご質問


アファメーションは、どのくらいの数を書くようにしたらいいのでしょうか?

ライフィングコミットからの回答


アファメーションは、慣れていないと、最初のうちは何をどのくらい書けばいいのか、迷ってしまうかもしれません。

実際、アファメーションをどれくらい書くべきなのかは、その人のゴールによります。

例えば、英語初心者が、「毎月海外旅行する」「海外旅行を満喫できるくらいに英語力をつける」というゴールと、「外交官になる」というゴールでは、求められるスキルや英語力に桁違いの差が生じてしまいます。

海外旅行なら、簡単な日常会話レベルの単語力と初級文法さえ分かっていれば、旅行に困ることはないでしょう。

しかし、外交官になるとすれば、初級レベルの簡単な英語の単語力と文法だけの問題ではありません。相当な語彙力や文法力、さらに読解力と表現力、そして、国際情勢や歴史、法律、コミュニケーションスキルなどが求められるでしょう。

英語以外のアファメーションも必要になるということです。

アファメーションとは、「ゴールを達成するために、今自分があるべき世界観をリアルに表現すること」です。したがって、ゴールとその人の現状とのギャップによって、アファメーションの内容や数は異なるのです。


質問に対する最もシンプルな答えとしては、「ゴールを達成するために必要な自分を、なるべく明確に、できるだけリアルにアファメーションとして表現していく」という一言に尽きます。

アファメーションの数があまり少ないと、ゴール側の将来の自分のリアリティが上がりづらいのは事実ですが、かといって、アファメーションの数が多すぎても、読むのが大変であったり、めんどくさく感じてしまうかもしれません。

自分が毎日読むのに苦にならない程度の、アファメーションの適切な分量というのは、その人の直感に頼るしかありません。そのうえで、できるだけリアルに、あるべき自分と世界の姿をアファメーションによって表現していけばいいでしょう。

アファメーションのコツとは、ゴール側の自分のリアリティが頭の中でできるだけ高まり、よりリアルになればなるほど、コンフォートゾーンはゴール側に移行し、ゴール達成に向けてマインドは加速するということです。

「コーチング・セッション」 受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

お申込はこちら

関連記事