ゴール達成

【ワーク】波動干渉2

同調効果・波動干渉の記事:「誰を師に選ぶかで、人生に天地の差が出てしまう」に続きます。

今日はその第2弾です。

マインドや潜在意識は、その人の置かれた環境や、日々接している人の影響を直接的に受けます。

これを同調効果、もしくは波動干渉といいます。

例えば、自分が頭が良くなりたかったら、頭のいい人10人と付き合うようにします。

お金持ちや大富豪になりたかったら、そのような人達10人と付き合うようにします。

お洒落になりたいとか、モテたいとか、美しいボディを手に入れたいとか、そのような強い想いがあるのなら、そのような人達10人と付き合うようにします。

優秀な経営者になるのなら、優秀な経営者といる、東大に入りたければ、東大生や東大を目指す人達とばかり付き合えばいいのです。

憧れの人が、いわば、ロールモデルという「非言語アファメーション」になり得るという感覚を持つと、分かりやすいかもしれません。


マインドや潜在意識には、強力なコピー能力があります。一緒にいる人と、いやでも似ていきます。

普段目にしているモノや情報を、そのまま善悪の判断なく受け入れるのが潜在意識の働きだからです。

これをコーチングの創始者、ルータイスは、「潜在意識は、超高性能テープレコーダーのようなものだ」と言いました。

ですから、憧れの人とか、目指したい人がいるのなら、その人の隣にいるのが一番です。

それが無理なら、その人の話を頻繁に聞いたり、その人の情報に何らかの形でなるべくたくさん触れるようにします。

あるいは、その人の行動や習慣をよく観察して、特徴を書き留め、アファメーションにして、毎日丁寧に読み上げるという方法も、非常に効果的です。


というのが、前回の記事のまとめです。

上記の内容、波動干渉の対象は、「人」であることが、じつは特徴なのでした。

今日の記事は、対象が人ではなく、「場所」になります。

コーチングにおけるゴール達成は、「ゴールのリアリティを高める」というのがその最も重要なエッセンスで、別の言い方で表現すると、「ゴールの世界にいるはずの自分にふさわしいセルフイメージを構築する」というのも正解の答えになります。

ですから、ゴールを達成する自分にふさわしい場所に、日々頻繁に行くようにするという行為も、じつは、重要な波動干渉になります。



【ワーク: 波動干渉2】

波動干渉は、対象が人だけに限りません。「場所」や「環境」に対しても波動干渉は起きます。

「波動の高い環境に身を置くこと」は、運気やセルフイメージを高めるうえで重要な観点です。住む家をより良くきれいにすることはもちろんなのですが、出向く場所や環境に対しても、気を遣っていくべきです。

例えば、コーヒーを飲むにしても、街中にある普通のカフェに行くよりも、超一流バリスタのお店や、リッツカールトンなどの高級ホテルラウンジに行く方が、はるかに場のレベルは高くなりますから、気分やセルフイメージも高まることは、容易に想像がつくでしょう。

毎日実践すべきというわけではありません。

月に数回からでも、素晴らしい場所や超一流の環境に赴き、マインドやセルフイメージ、ゴールのリアリティを高めていきましょう!!

波動干渉のメカニズムを知ると、いわゆる「パワースポットめぐり」という行為も、これまでとは異なった意味合いや感覚で楽しめるかもしれません。

ブログの更新をLINEでお知らせ

こちらのLINE配信では、あなただけの「特別な豊かさ」を創造するために、本当に役立つ知識やマインドの使い方をお届けしています。

より有用なLINE専用記事も含まれます。

以下の「友達追加ボタン」を押して、LINE登録してみてください。

LINEで友達追加

「コーチング・セッション」受付中!!

「コーチング・セッション」とは、私とあなたが1:1で直接セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンラインセッション」も承っております。

詳細はこちらへ

コーチング・セッション