ゴール達成

ゴール達成に向けた究極のマインド浄化法

究極的なマインドの浄化 / 美化について、理想の形をこのブログでだけ、こっそりとお伝えしてみたいと思います。

ひとつの理想的な方向性をここで提示し、それをどこまで日常生活の中で実践できるかは別にしても、その最高レベルのマインド浄化法を知ることは、マインドや真のゴール達成を学ぶ上で、非常に意義のあることだと思います。

その人の置かれた状況や環境によっても、この理想論が各々の生活の中で、どれだけ完璧を目指せるかは、かなりの個人差があることでしょう。

しかし、理想の形を知らないことには、何も始まりません。そのための記事だと思って、読んでいただけたら幸いです。


心の豊かさやゴール達成とは何の関係もない、日頃の思考や想い、習慣には注意をする必要があります。

それらは、ゴールに集中すべき貴重な時間やリソースを浪費してしまうのはもちろんなのですが、それ以上に深刻なのは、ゴールにとって逆行する不必要で雑多な思考は、あるべきセルフイメージの形成やコンフォートゾーンをゴール側に移行させるのを妨げてしまい、ゴール側のリアリティを極端に低下させます。

コーチングにおけるゴール達成とは、ゴールのリアリティを可能な限り、フルに高め続けることにあります。そしてそれは、「サブゴールの設定」「ビジュアライゼーション」「アファメーション」「セルフトークのコントロール」を使うことでした。

ただ、現代のような情報化社会、SNSが闊歩する時代においては、ゴールのリアリティを高めるためには、「ゴールのリアリティを下げてしまう要因や行為を徹底してなくす」ということが、非常に大きな意味を持ちます。

潜在意識とは、受け取った情報や顕在意識(表層意識)による思考をそのまま記憶しようとします。

ルータイスは潜在意識のことを、「超高性能テープレコーダーのようなものだ」と表現しました。


究極的な思考の美化 / 断捨離とは、きれいなものや美しいもの、人間の精神を高めてくれるようなものだけを、自分の頭と心に入れるようにする習慣を持つことです。

考えるときや話すときも、思想にふけ入るときも、明るいことや人の心を鼓舞させるもの、ゴールに集中するのです。

低俗な本を読んだり、何のプラスにもならないテレビ番組を見たり、人の悪口を言ったり、下らない噂話を聞いたりしている人は、自分の運命を破壊に導いてしまっています。

それらからは一切に身を引き、ネガティブでマイナスな映像や写真を見たり、会話を聞いたり、消極的なニュースからは遠ざかるようにしましょう。

そうした習慣を持つことで、脳内のリアリティは圧倒的に変化します。

マインドや潜在意識は確実にゴール側へと移行し、ゴール達成に合致した行動がごくごく自然にとれるようになります。気がつかないうちに、途方もないゴールがゴール達成へと導かれていたという実感が得られるでしょう。


【集中と拡張の法則(加速の法則)】

意識を集中させた対象が、増加、もしくは拡張、加速していくというシンプルな法則。

富や幸福、豊かさや繁栄など、自分が望むものに意識を集中すればするほど、それらは身の回りに拡張され、望むものをどんどん手に入れることができます。

しかし、それとは逆に、貧困や争い、病気、悲観や消極的なものなど、望まないものに意識を合わせていると、望まない人生を引き寄せてしまうことになります。


【アファメーション文例】

私はきれいなものや美しいもの、精神を高めてくれるものだけを心と体に入れている。



【名言集】

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

作者不詳


「良いものに集中しよう。多くの人は、文句を言ったり、弱音を吐いたり、わめいたり、批判したり、周囲のあら探しをしながら、生活している。しかし、そうすればそうするほど、状況はさらに悪化し、文句を言うべき事実が増える一方である。集中するものは、必ず拡張する。(中略)もちろん、自分の過去において、不愉快な出来事もあろう。しかし、その過去を引きずって、悲しがったり、後悔したり、不憫(ふびん)を感じたりし続けることは何の足しにもならない。かえって、それについて考えたり、集中したりすればするほどに、そのエネルギーが増し、その過去の出来事があなたの人生をコントロールするようになるだけだ。(中略)日本で、高速道路の入り口に「事故多発」という看板がよく見受けられる。何とばかげた税金の無駄遣いなのだろう。その言葉を理解するためには、事故を想像しなければならない。高速道路に入る運転手に絶対に思い浮かべてほしくないイメージである。この看板は「安全運転」に変えるべきである。(中略)脳の中には否定形は存在しない。「赤ではない」という概念を考えることはできない。「赤ではない」と考えれば、考えるほど、結局は「赤」について考えていることになる。心の中で「ガンを治したい」と言えば、「ガン」について考えている。「もう貧乏でいたくない」と言えば、「貧乏・貧困」について考えている。「彼氏とはもう喧嘩したくない」と言えば、「彼氏と喧嘩すること」について考えている。自分の心からすべてのマイナスの思い、自分に相応しくないすべてのイメージを追放しなければならない。消極的なニュースを見たり、貧困を表す写真を眺めたり、世界がもう終わりだと説教する人の話を聞いたり、暴力やホラーに満ちた映画を観たりしてはならない。これらはあなたの運命を破壊させるだけだ。その代わりに、自分の求める現実を表す思いで心を満たすようにしなさい。繁栄、裕福、美、親切、愛、発見、感謝を思うようにしなさい」

ジェームス・スキナー 著「お金の科学」p42,43,70,90より引用



関連記事: 脳に対する「付加」と「浄化」

ブログの更新をLINEでお知らせ

こちらのLINE配信では、あなただけの「特別な豊かさ」を創造するために、本当に役立つ知識やマインドの使い方をお届けしています。

より有用なLINE専用記事も含まれます。

以下の「友達追加ボタン」を押して、LINE登録してみてください。

LINEで友達追加

「コーチング・セッション」受付中!!

「コーチング・セッション」とは、私とあなたが1:1で直接セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンラインセッション」も承っております。

詳細はこちらへ

コーチング・セッション