健康・身体性

体温を高め免疫力を向上せよ

体温は免疫や健康の要です。この記事では、実際に体温を高めていくための解説と具体的な方法について提案をしていきます。

無理なくはじめられるものから取り組んでいってみてください。

体温の重要性に関しては、以下の記事に解説をゆずります。

正確な深部体温を知る


まずは、自分の体温を正確に把握することが先決です。

最近は非接触型の赤外線を利用して体温を測る機械が流行っていますが、それでは体表温度、皮膚の表面上の体温しか測れず、正確ではありません。

寒い外を出歩いた後などに非接触型の体温計で体表温度を測っても、低く表示されるに決まっています。

それで実際よりも低い体温が検知され、それを見て本人が「私の体温って、こんなに低くかったのね」「自分は35℃台なんて、低体温症だ」などと無意味な勘違いやセルフトークをしては、気分やセルフイメージも不必要に落ちてしまいます。

昨今のコロナ情勢で、外出してお店に入ると、ほぼほぼ非接触型の体温計で自分の正確でない体温を知らされることになります。

高熱を簡易的に検知する場合にはいいですが、間違った実際より低い体温が表示されることも多々あります。

ライフィングコミット 杉本

外出のお店等、外で測る体温は、あまり参考にしないことをおすすめします。


【非接触型体温計に警笛を鳴らす並河俊夫博士の話】


体温を正確に測るには、接触型の体温計にかぎります。わきの下に挟んで使う昔からある体温計のことです。

【深部体温の測定】

体温を正確に測るためには、「接触型の体温計」が望ましいと言えます。

今はやりの非接触型の体温計は、体表温度を測るため、目安に過ぎず、正確ではありません。

測るべき体温とは、体表温度ではなく、体の内部となる「深部体温」です。

低体温症の原因


現代は、低体温症の人が極端に多い時代になりました。それが昨今のコロナ禍に拍車をかけています。

最大の原因は、「ストレス」と「運動不足」です。

ストレスの内容は、人によって異なります。ただ、気分が極端に悪くなるものや、ネガティブな感情とセルフトークが蔓延するものは、ストレスと見なしていいでしょう。

ストレスが重なると、過剰な交感神経優位となって身体が緊張し、体がこわばり、血管が収縮します。そして血流が阻害されて、各細胞に供給される酸素や栄養等が減り、代謝が落ちます。

結果として体温が低下するのです。


また、現代は携帯・スマフォとパソコンの発達で、長く画面を見続けている状態が自然と増えてしまう生活環境にも大きな原因があります。

昔は、テレビがあると、ついつい長く見てしまって、外に出なくなり運動不足に陥ったり、仕事や勉強に精を出しづらくなるということがありましたが、現代はそれがパソコンとスマフォに置き換わりました。

パソコンとスマフォの方が、テレビより画面が目に近い分だけ、目に負担をかけます。

目は、近い画面を見続けると、目の筋肉が近くにピントを合わせようと極端に緊張を長時間強いられますから、目が非常に疲れるのです。当然、目の血流も低下し、目の代謝が落ち、視力低下にも拍車がかかります。

また、画面が目に近い分だけ、ブルーライト(刺激性の強い波長成分)の悪影響も強くなりがちです。


こうした生活環境が重なって、身体に異常な緊張とストレスを強いられたり、運動不足に陥る可能性が非常に高くなります。

いずれの場合も、低体温症とは、血流量と代謝の低下に本質があります。

すべての病気の原因とは、酸素の欠乏症である。癌や心臓病なども細胞酸欠によって起きる。

野口英世(医学博士、理学博士、細菌学者)

細胞内の酸素濃度が35%減った状態が48時間以上続くと、細胞は癌化する可能性がある。

オットー・ワールブルク(ドイツ人医師、生理学者)

人生において成功するために、神は人に2つの手段を与えた。「教育」と「運動」である。

しかし、前者によって魂を鍛え、後者によって体を鍛えよ、ということではない。両者の両立によって、魂と体の両方を鍛えよ、というのが神の教えである。

この2つの手段によって、人は完璧な存在となる。

プラトン(古代ギリシャの哲学者、紀元前427~347年)

体温を高める5つの効果的なアプローチ

① ゴール設定こそがマインドと身体を活性化する


「ゴール設定」こそが、マインドを活性化し、身体の代謝とエネルギー循環に最も好ましい影響を与え続ける原動力となるものです。

前述したとおり、低体温症の原因とは、「ストレス」と「運動不足」が筆頭です。

人生の各方面にバランスよくゴール設定することは、両者にアプローチするものです。それはゴール設定のルールを見れば分かります。

ゴール設定の3つのルール
  1.  ゴールは「現状の外側」に設定する
  2.  心から望むこと、成し遂げたいことをゴールとして設定する
  3.  ゴールは人生の各方面にまんべんなく設定する(バランスホイール)


ストレスに関して言えば、その最も確実な対処方法とは、「自分が心から納得していること」や「好きなこと」をすることです。嫌いな仕事、納得していないことに人生や時間を費やすから、ストレスが溜まるのです。

ですから、「心から望むことや成し遂げたいことをゴールとして設定する」ことには、大きな力があり、人生の価値と意味合いがあり、ネガティブなストレスと感情とセルフトークから解放されます。

もちろん、好きなことでゴール設定しても、うまくいかない状況などに陥ったりして、ストレスが溜まることも当然ありますが、「自分の納得しているゴールを目指す過程で受けるストレス」と、「他人から与えられた目標や仕事や役割の中で受けるストレス」との間には、天地の開きがあることは明白です。

また、ゴール設定は、「運動不足」をも解消する可能性が大いにあります。

【バランスホイールによるゴール設定】

  •  職業、社会的地位や名誉
  •  年収、資産(不動産、現金、株 etc)
  •  趣味、余暇、スポーツ
  •  精神性、生きがい
  •  文化、芸術
  •  健康、美容、鍛錬
  •  生涯学習、語学、資格
  •  生活、時間
  •  住環境、所有物
  •  家族、家庭、教育
  •  人脈、人間関係、パートナーシップ
  •  地域活動、社会貢献、自然環境保全
  •  今後の挑戦
  •  老後、贈与、相続  など

人生の野望や、趣味や健康、家族やスポーツ等の高いゴールを設定すると、テレビやパソコンやスマフォと長い時間にらめっこしながら、家の中で閉じこもりっきりというのは、自然に少なくなっていきます。

ライフィングコミット 杉本

人生の成し遂げたいゴールが設定されたら、人は、じっとはしていられないし、家の中に閉じこもるなどということもあり得ません。

これらを”運動”かというと微妙ですが、それでも現実的に、運動量は確実に相当増えていきますし、体温低下を助長するパソコンやスマフォにかじりつくということもなくなります。

趣味のゴールは、その筆頭と言えるでしょう。外に出歩くことも自然に増えます。

② ストレッチと大胸筋


筋肉とは、身体を動かすための運動器官であると同時に、「血液のポンプ」並びに人体最大の「熱発生器官」でもあります。

筋肉を動かすと、筋肉の収縮運動が血液のポンプとしての役割を担います。そして、筋肉動作や運動は、代謝の活性化によって熱を生み出します。

ですから、筋肉の硬直や運動不足は、低体温にすぐさま直結します。

パソコンやスマフォが、現代人特有の筋肉の硬直や運動不足を誘発することは前述したとおりです。

単純に体を動かさなくなるからなのですが、もう一歩踏み込んで言うと、特に、「大胸筋」「大円筋」「板状筋」という3つの筋肉の緊張と硬直が根底にあります。


大胸筋
(だいきょうきん)
大円筋
(だいえんきん)
板状筋
(ばんじょうきん)

※ 使用アプリ:Atlas

パソコンやスマフォと向き合っている間は、腕と顔や目の向きを特定の位置に固定・維持する必要があります。そしてそれに最も使われる筋肉が上記の3つです。

ですから、現代人は特に、この3つの筋肉が硬直し、それが全身に波及する形で、全身の筋肉が凝り固まっているのです。


じつは、胸の筋肉である大胸筋をほぐすと、全身の筋肉が思いっきりほぐれます。

大胸筋を起点に、全身が硬くなっている人が、世の中の大半を占めているからです。

大胸筋をほぐすのにおすすめの方法は3つあります。

  1.  誰かに大胸筋をマッサージしてもらったり、ほぐしてもらう

  2.  腕を前後左右に動かし、伸ばしてストレッチする

  3.  ラジオ体操する

これら上記を定期的に行うと、体温上昇にかなりの効果が期待できます。

パソコン・スマフォと筋肉の硬直について詳しくはこちら

③ 足つぼ刺激


足の裏には、全身の各器官や経絡系につながるツボが多く点在していることは周知の事実です。足つぼマッサージの人気がそれを象徴しています。足つぼ刺激は、全身の血流や代謝を活性化させる作用を持ちます。

最もシンプルな足つぼ刺激とは、「ウォーキング」です。人は歩いて進化を続けてきた種族です。人類とは、2足歩行を獲得して飛躍的な脳の進化を遂げました。

ですから、出歩くことこそ、最もシンプルかつ容易で、効果的な血流と代謝の促進法なのです。したがって、体温も上がります。

ただ、先に述べた「人生の各方面にバランスよくゴールを複数設定する」ことさえきちんと行えば、自然に出歩く量が増えることは前述しました。

あるいは、時間のあまりない方などは、家の中で行える「足つぼ刺激用のマット」を活用するのもいいかもしれません。

慣れていないと、最初は非常に痛いのですが、それだけ効いているということでもあります。

④ リラックスと湯船に浸かる


身体と筋肉の硬直が低体温症に直結することは前述してきました。

では、身体をゆるめ、十分にリラックスさせることができれば、低体温症は改善に向かうことは容易に想像のつくことでしょう。

おすすめは、「半身浴」です。

少しぬるめのお湯(風呂)にゆっくりと長めに浸かることです。心を落ち着け、リラックスしながらその日の疲れを癒し、休息を楽しみます。言わば、心と命の洗濯です。

⑤ 家や床や布団をきれいにする


家が汚れていたり、ホコリだらけだと、体温が低下します。

理由は、ホコリが大量に舞っていたり、家の中がホコリまみれだと、人間はホコリを体内に入れまいと呼吸が浅くなり、体内の酸素量が低下するからです。この生体防衛メカニズムによって、代謝が落ちて体温も下がります。

神社や神道の世界でも、掃除と清潔は基本中の基本であり、ご利益と運勢に直結する欠かすことのできないものとなっています。

家をきれいにすることは、運気とセルフイメージ、そして体温や活力にまで影響し、望ましい肯定的な結果へと導きます。当然のことながら、金運にも波及していきます。

掃除の基本とは、

  1.  余計なものを置かない、手放すこと
  2.  床や家の中を磨くこと

の2つです。

家の中にモノが多かったり散らかっていると、ホコリが溜まりやすくなるからです。あるいは、掃除しづらくなるからです。不必要なものや、愛着と興味のなくなったものは手放しましょう。

ライフィングコミット 杉本

誤解を恐れずに言えば、「モノの少なさとは運気の根源」になり得ます。家の中がスッキリとしてマインドがクリアになり、思考が整理され、またセルフイメージも高まるからです。

【ダイソンロボット掃除機 360 Heurist】

部屋の床が本当にピカピカ、きれいになります。

スマフォでコントロールできて、画面で掃除をした部屋と面積、掃除にかかった時間が確認できます。ゴミパックが不要で、ゴミを捨てるのも一瞬で簡単・楽ですし、何よりデザインの美しさにも非常に好感が持てます。

ダイソン公式サイト 360 Heurist


また、意外と見過ごされがちなのですが、家の中で最も盲点となり、ホコリの温床となる場所は、「布団」です。ベッドの場合は、ベッドの下側もです。

定期的に布団をきちんと干したり、洗濯したりクリーニングに出す、買い替えるなどということも意識を向けていく必要があります。

布団をきれいにした後の自身の寝起きや睡眠の質をよく観察してみてください。今までとは全く異なる睡眠感覚と熟睡感を得られるに違いありません。

関連記事:

「コーチング・セッション」 受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

コーチング・セッション

ブログの更新を「LINE」でお知らせ

こちらのLINE配信では、あなたの幸福と繁栄を追求するために「本当に役立つ知識」と「マインドの上手な使い方」をお届けしています。

LINE友だち追加ボタン