ゴール達成

【上級編】エフィカシーを高める5つの究極作法


エフィカシーを高めるための究極作法について解説をします。上級編ということで、エフィカシーの基本はすでに理解されている前提で話を進めます。

エフィカシーの基本について学びたい方はこちら

エフィカシーの基本(上記のリンク)を学ぶと、エフィカシーの高め方というのは、細かく見ていくと無数に考えられることが分かります。私が今までにブログで書いてきたことがすべてでは決してありません。特に普遍性と応用性が利くものを優先的に並べたに過ぎません。

この前提に立って、再びエフィカシーについて俯瞰をしてみたとき、「それでは、エフィカシーを高める究極とは、一体何なのだろうか?」と考える方がいるかもしれません。実際、エフィカシーの究極を知ることはきわめて有用です。

それをご紹介するのが今日のテーマです。私がコーチングを研究し続け、数多く実践し、多くの人たちを観察し続け、そうしてその過程で到達し思い至った秘訣と奥義をここではご紹介していきたいと思います。

究極 ⓪ エフィカシーの大前提


エフィカシーを高める究極について話を始める前に、エフィカシーの最も大前提となる基本中の基本事項を確認します。この大前提が崩れていると、コーチングは何をどう頑張ってもうまくいきませんし、これから述べるエフィカシーの究極もあっさりと意味を為さないものになります。

いわば、エフィカシーの究極 第”⓪”にあたります。

それは何かというと、あまりにも単純すぎて面を食らってしまうかもしれませんが、自分に対し、次のように語りかけることです。あるいは、口癖にすることです。

「私はできる」

「自分にならやれる」

「私は○○を達成できる」

じつを言うと、エフィカシーにおいて、これほど単純で、かつ最もエフィカシーの根底となり、さらには究極となるものは存在しません。

それくらいに上記のこの言葉は、非常に重要なことなのです。

多くの人は、このあまりに単純で簡単にできるエフィカシーの高め方をおろそかにしがちです。

人はなぜか、誰でも簡単にできることを軽んじ、そして高度なことや難しいことに幻想的な過信を抱き、信仰し、やっている気になります。

世の多くの場合、この「難しいもの信仰」は誤りですし、幻想です。そんなことよりも、本当に大切で簡単なことを積み重ねていくことの方がよっぽど大事で、しかも最も効果的で成果が表れます。

自分を信じること、自分の能力や存在を心から肯定することです。このこと以上にエフィカシーにおいて重要なことはありません。

あなたがまず、あなた自身の存在と能力を信じようとしないで、誰があなたのことを一番に信用するというのでしょうか?

あなたの潜在意識と能力は、あなた自身の信頼を渇望しています。すべてはここからがスタート地点なのです。

究極 ① 波動干渉と代理体験

1-1: エフィカシーと波動干渉

そして、私が第一に考えるエフィカシーを高める究極No.1とは、「波動干渉」です。

波動干渉とは、簡単に言えば、接する人と気分や感情や考え方、年収や生活水準、エフィカシー等が同調することです。この影響力は非常に強く、例えば女性二人が同棲していると、生理周期が一致してしまうほどです。

ライフィングコミット 杉本

上級編なので遠慮なく言いますが、バカや意識の低い人と一緒にいると、自分もそうなります。あなたはそうであってはいけません。

あなた自身やあなたのかけがえのない家族、大切な友人たちのマインドを守るためにも、あなたは志高く、誇りを持って生きるべきです。そして、接する人々をきちんと考えて、選んでいかなければなりません。

最終的に、ほとんどの人は、一緒に時間を過ごす人たちの期待と基準を反映する人生を送ることになる。一緒に時間を共にする人たちの質を高めること以上に、あなたの運命を改革するものはない。友人の質は人生の質である。

(中略)

大切なのは、住んでいる環境、接している友達、自己イメージの質だけである。あなたは、常に接する人たちの“思考圏内”に生活しており、彼らの思いの周波数、彼らの望みは、あなたとあなたの生活・職場の環境に多大な影響を及ぼしている。

(中略)

真の友達というのは、あなたの基準を引き上げる人、あなたの目標と夢をサポートしてくれる人、あなたをより大きな人間にしようとする人たちなのである。そのような友達に囲まれていれば、成功し、裕福になることは間違いなし。

ジェームス・スキナー 著「お金の科学」p104〜106より引用


エフィカシーの究極とは、「エフィカシーの高い人と一緒にいると、エフィカシーは最も高まる」というこの一言に尽きます。

このことは、エフィカシーの源泉からも明らかです。「エフィカシーの源泉」とは、エフィカシーという概念を提唱したカナダの心理学者アルバート・バンデューラ博士によるものです。

【エフィカシーの4つの源泉】

  •  源泉①: 成功体験(Mastery Experiences)
  •  源泉②: 代理体験(Vicarious Experiences)
  •  源泉③: 言語的説得(Verbal Persuasion)
  •  源泉④: 感情的・生理的状態(Emotional & Physiological States)

このエフィカシーの源泉②「代理体験」が波動干渉にあたります。

自分以外の他人の誰かが何かを成し遂げると、「自分にもできるかも」と思えてしまった経験は誰にでもあることでしょう。これが代理体験です。

他人の成功体験や逆境をくぐり抜けた話、師や先輩の教えと経験談を聞いてエフィカシーが上がるのも代理体験によるものです。ライバルがお互いを高め合い、刺激し合って、双方の実力とエフィカシーを向上させるのも代理体験です。オリンピック選手同士とか、超一流企業の構成員同士でよく見られる現象です。

1-2: コーチング・セッションの秘密

コーチング・セッション(コーチとクライアントにおける対面セッションのこと)の秘密を明かしましょう。

コーチングによるゴール達成において最も重要なことは、「エフィカシーを高めること」だと言われます。私も同じ意見です。

そして、エフィカシーを高める究極は、波動干渉であり代理体験です。

クライアントがコーチングをコーチから実際に受けて、クライアントがゴールを実現したり、セルフイメージが上がってスコトーマが外れ、新たなゴールが見えるようになるのは、じつは、コーチが知識を授けたり何らかの技術面というよりは、コーチのエフィカシーがクライアントに伝播することの方が、比率・要素としては大きいものになります。

これが、コーチングセッションの真実・カラクリです。

「コーチのエフィカシーとは、コーチ自身の力量と技術の内だ」と突っ込まれると、その通りなのですが、コーチがクライアントのエフィカシーを高める本質・メカニズムは、代理体験であり、波動干渉なのです。

1-3: 日々接する人の選び方

「話を聞く相手」「日々接する人々」「参考にすべき人物」「人生の師」などの最も根底となる選び方を提示します。しかし、答えを見てしまうと、「何だ、そんな単純なことでいいのか」と安心されるはずです。

日々私がブログ等で、何度も申し上げていることです。

その相手はあなたにとって、

  1.  自分のゴールと合致している人物か? または、自分のゴールを後押ししてくれる人物か?

  2.  一緒にいることで気分やエフィカシーが上がるか?

  3.  運やツキを感じられるか?

以上になります。これだけでいいのです。運やツキも波動干渉するのです。

究極 ② 他人のエフィカシーを高めよ


第二のエフィカシーを高める究極とは、「他人のエフィカシーを高めること」です。

この世の真理とは、究極を言ってしまうと、「発したものや他人に与えたものが、いずれ自分に返ってくる」というシンプルな真実でできあがっているからです。「作用・反作用の法則」といいます。

じつは、セルフトークもこの作用・反作用の法則の範疇です。言葉を自分や潜在意識に対して、さらには天や他人に対して投げかけると、それがいずれ自分に返ってきて、自分の身に起こることだからです。

人間というのは、自分の口から出た言葉の集積である。だから人間というのは、自分の発した言葉に必ず出会うだろう。

エドガー・ケイシー(予言者)


ところで、あなたは他人のエフィカシーを高めることをきちんと実践してきましたか? 自分のエフィカシーを高めることばかりに躍起になって、他人のエフィカシーをおざなりにしてきてはいませんか?

作用・反作用の法則によれば、他人を大切に重んじる人は、自分も周りから自然に大切にされるようになります。成功者や世の偉大な人物たちは、みなそれを体験的によく知っています。というより、それを知っていたから成功したし、偉大になれたとも言えます。


では、他人のエフィカシーとは、どのようにしたら上がるのでしょうか?

ひとつの答えは、以下の記事にあります。企業や組織内における集団的エフィカシーを高めるための方法です。

ただ、もっと個人的なやり取りの場合には、他人のエフィカシーを高めることは、とてもシンプルで難しいことではありません。何事もシンプルでやさしいことで愚直な実践こそが、大いなる力と成果を発揮するものばかりです。

  1.  「君ならできる」と伝えてあげる

  2.  相手を心から褒める

  3.  相手の話をしっかりと聞く

  4.  相手に真摯に感謝を伝える、「ありがとう」と言う

  5.  相手の成功を信じる(ピグマリオン効果)

これら上記のことは、どれだけの力があるのかというと、それをされる側の立場の身になって考えてみれば、自然に分かることでしょう。とてもシンプルなことなのですが、本当に大切なことなのです。

【ピグマリオン効果】

ピグマリオン効果とは、「私たちが他者に対して特定のイメージを持って他人に接すると、その相手はそのイメージどおりに振る舞い、行動するようになる」というものです。

ピグマリオン効果は、学校教育や教育心理学の現場ではよく知られている事実です。

先生が生徒に対して「この生徒はよくできる」と思っていると、その生徒は本当に成績が伸びていきます。逆もまた然りです。「この生徒はできない」と思ってしまっていれば、その生徒は能力や成績が伸び悩みます。

指導者が生徒や教え子に対して考えていることが、そのまま現実になり、生徒はそのように振る舞うようになるのです。

ピグマリオン効果に関しては、こちらにも記述があります。

推薦図書:

デール・カーネギー 著「人を動かす」
無能唱元 著「人蕩し術」

究極 ③ エフィカシーと重力効果


さらなる上級レベルの知識と内容になりますが、「重力効果」というこの世の真理・性質についてです。

重力効果

すべてのものには、同様・同等・同類のものを引き寄せ、増殖しようとする力があります。その集まった量が増えれば増えるほどに、同類のものを引き寄せる力と増殖力とそのスピードは加速していきます。

それはまさに「重力」の様子と酷似しています。小さな物質では小さな重力しか発生しませんが、ある程度のまとまった質量になると、大きな重力を発生するようになります。

重力効果が引き起こされるメカニズムは非常にシンプルです。人間の脳や潜在意識には志向性があって、意識を向けた対象に向かって勝手に進んでいこうとする力と性質が、私たちには予め備わっているからです。

【意識の集中と加速の法則】

意識を集中させた対象が、増加、もしくは拡張、加速していくというシンプルな法則。

富や幸福、豊かさや繁栄など、自分が望むものに意識を集中すればするほど、それらは身の回りに拡張され、望むものをどんどん引き寄せ、手に入れることができます。

しかし、それとは逆に、貧困や争い、病気、悲観や消極的なものなど、望まないものに意識を合わせていると、望まない人生を引き寄せてしまうことになります。

これらの真実と法則がエフィカシーに対してどのように働くのかというと、当然のことながら、エフィカシーについても重力効果と加速の法則は働きます。

すなわち、「エフィカシーを高めれば高めるほどに、エフィカシーはより高まりやすくなり、エフィカシーはどんどん加速していく」ということです。

これまで述べてきた「究極①:エフィカシーの高い人と接する」「究極②:他人のエフィカシーを高める」といった方法と行動に真摯に取り組めば取り組むほど、時間の経過とともにその効果と実感が感じられるようになるでしょう。

ちなみに、「重力効果」については、以前には「お金と貯蓄」に関するテーマで引用したことがあります。お金にはお金を引き寄せる重力効果と増殖能力があるという話題になります。

究極 ④ 他人の豊かさを徹底追及せよ


エフィカシーとは、ゴールによって加速し、ゴールが設定されてはじめて活かされてきます。ゴールがあるからこそ、エフィカシーの真の役割が生まれるのです。「エフィカシーとは、ゴールありき」だということです。

ですから、ゴールが多彩だと、エフィカシーは加速します。これは先ほどの「究極③:エフィカシーの重力効果」と相まって、ゴールが多彩であればあるほどに、エフィカシーもさらに加速していきます。

これは何のこともない、いつも当たり前のように言っていることですが、「バランスホイール」に他なりません。「ゴールは人生の各方面にまんべんなく設定する」ようにします。


と、ここまでがバランスホイールの基本の話です。ここからが応用・上級編です。

自分の豊かさに関するゴールばかりを追い求めているような人は大成しません。先の「作用・反作用の法則」ですが、他人に豊かさをもたらすから、自分にも豊かさが享受されるのです。至極真っ当な社会の基本原理です。

ですから、ゴールの多彩さという意味で、以下のような抽象度の高いゴールを持つと、それは本当の意味でのゴールの多彩性であり、バランスホイールの真にあるべき姿です。エフィカシーのあるべき真の姿とも言えます。

  •  「他人に役立つゴール」

  •  「他人の幸福を真摯に願うゴール」

  •  「他人の豊かさを本気で追求するゴール」

  •  「社会性のきわめて高いゴール」

これらは嫌々やっても何の意味も効力も発揮しません。ゴールは心から望むことでなければ、達成できないからです。

相手が喜ぶことで、自分の好きなことが見つかれば、人生成功間違いなし

このキーワードを基にしながら、バランスホイールに励んでいっていただければと思います。

「コーチング・セッション」 受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

コーチング・セッション

ブログの更新を「LINE」でお知らせ

こちらのLINE配信では、あなたの幸福と繁栄を追求するために「本当に役立つ知識」と「マインドの上手な使い方」をお届けしています。

LINE友だち追加ボタン