アファメーション

【上級編】運気とお金と人望を劇的に高めるアファメーション

運気とお金と人望を引き寄せるアファメーション


以下のアファメーションを毎日朝晩、声に出してゆっくりと読みます。

言葉の内容を行動に移そうと意識・努力する必要はなく、単に読み上げ、潜在意識に刷り込みます。継続して潜在意識にしっかりと落とし込めば、言葉の内容が自然と行動に移せるようになり、運気とお金と人望を引き寄せます。

アファメーション
  1.  私は、天を敬い、人を愛し、貢献します
  2.  私は、深愛な聴く力と共感力を持ちます
  3.  私は、ワクワクし、褒めたたえ、笑顔です
  4.  私は、感動や喜び、儲けを与えます
  5.  私は、豊かさの象徴、時間とお金に感謝します
  6.  私は、心と体の源、食と言葉に感謝します
  7.  私は、身も心も温まり、ゆるみ、安らいでいます

解説


上記のアファメーションがなぜ運気やお金や人望を引き寄せるのか、その原理となる考え方を見ていきます。

下記の原理・原則を参考にしながら理解を深めていくと、アファメーションの言葉ひとつひとつに込められた思いと意味合いが、次第に見えてくるようになるはずです。

最初のうちは言葉の意味の理解がままならずとも、単にアファメーションを読み上げるだけで構いません。アファメーションを毎日読み上げるうちに、その効果と実感と理解が、確信に変わっていくことでしょう。

① 作用・反作用の法則(原因と結果の法則)

原則

「自分の放ったものが自分に返ってくる」

この世の最も土台に位置する根源的真理・法則

投げかけたものが返ってくる。投げかけないものは返らない。
愛すれば愛される。愛さなければ愛されない。
嫌えば嫌われる。嫌わなければ嫌われない。
裁く者は裁かれる。裁かない者は裁かれない。
許す者は許される。許さない者は許されない。

(小林正観、新約聖書 マタイの福音書 7-2)


感謝すれば感謝される。感謝しなければ感謝されない。
与えたものが与えられる。与えない者は与えられない。
大切にしたものから大切にされる。大切にしないものからは大切にされない。

自分がして欲しいことを相手にする。
自分がされて嫌なことは相手にはしない。

より多くを得るために、より多くを与え、貢献せよ!!

原則を示す名言

真心を持って人を助ければ、必ず自分も人から助けられる。これは人生の最も美しい補償の一つである。

ラルフ・ワルド・エマーソン(思想家、哲学者)

自分の気に入ったものだけかわいがって、気に入らないものはかわいがらない。そういうのは本当の愛情じゃないんだぜ。太陽のように、あれこれと選ばないで、普遍的な気持ちで愛さなければだめなんだよ。

凡人は敵対し、優れし人は和合する。ケンカすることより、仲良くすることをまず考えなきゃだめですよ。

中村天風(思想家)

真の経済的成功を収める法則は、人を愛し、そのためにお金を使うことです。

(中略)

どんなに与えすぎても、与えすぎるということはありません。そして、与えると、必ずその見返りとして何かを受け取ることになります。同じ相手からその見返りを受け取ることはめったにありませんが、水が上から下に流れるがごとく、それは確実に起こります。

ボブ・プロクター 著「You were Born Rich」p37,270より引用

人生の秘訣は与えることである。愛は難しいことではない。与えることだ。自分のほしいものは何でも、人に与えよう。そうすれば、それは倍増して自分のところに返ってくる。

友達がほしければ、人の友達になってあげることだ。愛がほしければ、周りの人たちに愛を注いであげることだ。安心感がほしければ、周りの人たちに安心感を与えることだ。お金がほしければ、周りの人たちに大きな価値を与え、また周りの人たちの金銭的な成功を応援してあげることだ。

(中略)

愛を与えるようにすれば、人生は100倍楽しいものになる。

(中略)

出し惜しみをやめよう。100%出すからこそ、愛と言うのだ。

ジェームス・スキナー 著「100%」p124,212,214より引用


② 感謝と拡張の法則

原則

感謝には、感謝を向けたその対象を増やしたり、拡張しようとする力があります。

この世界には、「意識をしたり、集中しているものは、その時間とともに加速度的に拡張していく」という真理・法則があります。

「加速の法則」といいます。マインドには、志向性があるからです。

ライフィングコミット 杉本

持っているものに集中をすると、持っているものが増えます。

そして逆に、持っていないものやネガティブなことに集中をしていると、持っていない事実が拡張し、ネガティブなことが増えます。

これが自然の秩序です。

感謝というのは、私たちがすでに持っている”良いもの”に集中することです。感謝をすると、持っている”良いもの”が増え、拡張されていきます。

ですから、自分がすでに持っているもの、与えられているものに対して、私たちは感謝をしなければなりません。それが、私たちが天地自然の摂理と一体になる秘訣なのです。

原則を示す名言

人は食べ物と言葉によってできている。つまり、肉体は食べ物がつくり、精神は言葉が造っている。

良い言葉を使い、感謝をし、そして食べ物も感謝しながら食べることだけでも、運命は劇的に開けていくのであります。

中村天風(思想家)

③ 相手の心を動かす10の秘訣

原則

  1.  自分自身の機嫌をとる、ワクワクする
  2.  相手に興味・関心・感謝を寄せる
  3.  名前を覚える
  4.  笑顔を忘れない
  5.  聴き手にまわる
  6.  相手の関心を見抜いて話題にする
  7.  同情を寄せる、相手の身になる
  8.  心から褒めたたえる
  9.  期待をかける、相手を信じる
  10.  感動や喜び、儲けを与える

参考文献 / 推薦図書: デール・カーネギー 著「人を動かす」



ライフィングコミット 杉本

じつは、成功するために、一番に磨くべき能力とは、優秀さとか頭の良さなどの「羨望(せんぼう)」では決してなく、相手を真摯に想いやる「人望」の方なのです。

なぜなら、人は、ひとりでは絶対に成功できませんし、成功とは、他人の協力によってのみ得るものだからです。

真に成功していく人々、過去の賢人たちは、知識やIQの優れた人達というよりも、他人を尊重し、相手の心を魅(ひ)きつけ動かす能力に秀でていた人物です。

気分を良くしてくれる人に対して、人は自然に好意を抱くものです。

例えば、世界一の大金持ちとなった鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーですが、彼は鉄鋼の作り方についてほとんど何も知らないということを、ナポレオン・ヒルのインタビューに答えています。

化学や生産技術、経理や法律等、12名の各分野の専門家を自分の周りに集め、他人の脳を自分の脳と同じように活用できる、いわば”マインド・グループ”を築いていたのです。当時、その12名を合わせると、世界で鉄鋼づくりについて知られているすべての知識をもっていたといいます。

カーネギー自身の仕事はというと、彼らに仕事を一任し、彼らが調和し一体一丸となって行動し、働けるように集中していたことでした。

原則を示す名言

真の成功は人格を育てるところから始まる。

スティーブン・コヴィー(経営コンサルタント)

人としてこの世に生まれて一番大切なことは、人に好かれる人間になることだよ。

もし、知識だけを磨いて人間が幸せになれるなら、学問を一生懸命勉強した人はみんな幸福になれそうなもんじゃないですか。そして、学問を勉強しない人はみんな不幸であるべきはずだが、そうじゃないでしょう。

いいかい、他人に好かれようと思ったら、何よりも自分があまり好き嫌いのないようにすることです。人の落ち度は、許すより忘れてしまえ。

中村天風(思想家)

理解と寛容は、優れた品性と克己心を備えた人にしてはじめて持ち得る徳である。

(中略)

人を動かす秘訣は、この世に、ただ一つしかない。自ら動きたくなる気持ちを起こさせることだ。人を動かすには、相手の欲しがっているものを与えるのが、唯一の方法である。

人は何を欲しがっているか。人間の持つ最も根強い衝動は、“重要人物たらんとする欲求”(自己重要感を満たすこと)である。

デール・カーネギー著「人を動かす」p26,32より引用

商談には特に秘訣などというものはない…ただ、相手の話に耳を傾けることが大切だ。どんなお世辞にも、これほどの効果はない。

チャールズ・エリオット(ハーバード大学学長)

私の成功の秘訣は、人の悪口は決して言わず、長所を褒めることだ。

議論したり反駁したりしているうちには、相手に勝つようなこともあるだろう。しかし、それは虚しい勝利だー相手の好意は絶対に得られないのだから。

私は、一切の断定的な言い方や、自分が上に映るような表現を控えた。

ベンジャミン・フランクリン(政治家、外交官、発明家、科学者)

成功に秘訣というものがあるとすれば、それは、他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立場からも物事を見ることのできる能力である。

ヘンリー・フォード(自動車会社フォード・モーター創設者)

許しは重要な人間関係の法則である。良質な人間関係を築く上で、許しを重んじるということは必要不可欠なのだ。

ロイス・クルーガー(経営コンサルタント)

他人のことに関心を持たない人は、苦難の人生を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑をかける。

人間のあらゆる失敗はそういう人たちの間から生まれる。

アルフレッド・アドラー(心理学者)

「我以外、皆師」
(どんな人物からでも、必ず自分にとって学ぶべきことがある)

宮本武蔵(剣術家、芸術家)

賢者は、人の上に立たんと欲すれば、人の下に身を置き、人の前に立たんと欲すれば、人の後ろに身を置く。

かくして、賢者は人の上に立てども、人はその重みを感じることなく、人の前に立てども、人の心は傷つくことがない。

老子(哲学者)

ナイトクラブのホステスで、売り上げのトップに立つのは、奇妙なことに、その店で一番美しい女であるとは限らないというのです。

いや、というより、美しい女である場合の方が少ないので、たいていの場合、年増で器量も十人並みということが圧倒的に多いのだそうです。

では、なぜこのような女性がナンバーワンになるのかというと、その秘密は、なんと、「相手の話に聞き入る」という一点にあるのだというのです。それも、真剣に興味を持って、相手の話に聞き入るのです。

(中略)

ある時は自慢を、ある時は愚痴を、これらの話題をめんめんと語り続けるのを、相手に対し、真に興味をもって聞いてあげるならば、相手の自己重要感は最高に高められます。

無能唱元 著「人蕩術」p208より引用


「コーチング・対面セッション」お申込み受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

詳細はこちら

ブログの更新をLINEでお知らせ

こちらのLINE配信では、あなたの”幸福”と”繁栄”を追求するために本当に役立つ知識とマインドの使い方をお届けしています。

以下の「友だち追加ボタン」を押して、LINE登録してみてください。

LINE友だち追加ボタン