人脈・人間関係

最大のマーケティングとは○○

周りを見渡すと、不思議と、いつになっても仕事や商売繁盛に恵まれているという人がいるものです。

一方で、どんなに頑張っても、どんなに広告や宣伝、マーケティング等を駆使しても、どんなに良い商品やサービスを用意しても、売上や人気が冴えない人もいます。

一体、何が違うのでしょうか。


私自身の場合の一例をあげてみます。

今私は、アルピナというBMWの正規チューンナップ車、要は、BMWが正規に認めている改造車に乗っています。

正直言うと、10万キロの中古車を偶然ネットで見つけて買ったので、270万円で買えてしまった車種なのですが、私自身、すごく満足しています。

何に満足しているのかというと、その車種の性能や機能性、ディーゼル車としての燃費性能もそうなのですが、日々のメンテをしてくれるBMWのディーラーさんの対応です。

東京都江東区亀戸にある正規ディーラー店さんなのですが、こちらの対応は本当にすごいと思っていて、とにかく、お客様に余計な負担やお金をかけさせず、精一杯のサービスをしようという姿勢が、ヒシヒシと伝わってくるのです。

一番感動したのが、ヒューズが飛んでしまった時、部品が国内に在庫がなくて、担当のアドバイザーさんが秋葉原の駅ビルの商店街でわざわざ仕様が同じものを探してきてくれて、すぐに修理をしてくれたことです。

普通だったら、部品をドイツからわざわざ輸入して、2週間待ちという状況でしょう。

サービス対応も本当に丁寧親切で、それからはずっと、その車を大事に乗り続けています。


このアルピナに乗る前は、また別のメーカーのドイツの外車に乗っていました。

この時は、正直言うと、ディーラーの担当者というか営業の人が大っ嫌いでした。会うたびに、車を買わせようとする姿勢が、いやらしいほどに伝わってくるのです。

まだ大事に長く乗っていたいと言っているそばから、次はこの車種がおすすめですよ~とか、これがお買い得ですよ~とか、杉本さんにはこれに乗ってほしいですとか、別に聞いてないことをペラペラ毎回よくしゃべる。

クルマに傷がついてしまったときなんかは、修理をお願いしているそばから、この車にいくらいくらで買い替えられますよ~と勧められる始末。

あるとき、悪天候の中、あまりにも夜の土砂降りがひどくて、車をぶつけてしまったことがあります。

この時はもう、「杉本さん、買い替えましょう~、お見積りします」と満面の笑み。相手の負担をなるべく軽くするための配慮なんてものは皆無でした。自分の営業成績のことだけしか、頭にないようです。

きっと、ノルマとか売上目標とか、営業成績のこととか、色々とあるのだとは思います。でも、あまりにも買わせる加減がひどすぎて、本当にこの人とは関わりたくないと心底感じる。そして、もうさすがにイラっとして、そのディーラーに通いたくないものだからと、その車種を売り払いました。

その車種自体は素晴らしい性能で、大好きなのですが、営業の人が嫌いすぎて、もうその車種には二度と乗りたくないというのが本音です。


結局、人柄の問題ということです。

相手の利益とか、相手への思いやり、利他心ということでしょうか。それの素晴らしいところに、人や人気は集まります。

自分の利己的利益のことしか考えない人のところには、決して人など集まらないのです。

最大のマーケティングとは、人徳や人望であり、人の紹介だと思います。

素晴らしい人や対応やサービス、人望のある人のところには、自然と人気や口コミや紹介が集まる。そして商売繁盛する。

人望とは、相手を喜ばせる力のことです。

考えてみれば当たり前なのですが、その当たり前をきちんと真摯にこなすことが、どんなに貴重で尊いことか。

私自身も、アファメーションを使って、日々精進しようといつも思っています。


賢者は、人の上に立たんと欲すれば、人の下に身を置き、人の前に立たんと欲すれば、人の後ろに身を置く。かくして、賢者は人の上に立てども、人はその重みを感じることなく、人の前に立てども、人の心は傷つくことがない。

老子

ブログの更新をLINEでお知らせ

こちらのLINE配信では、あなただけの「特別な豊かさ」を創造するために、本当に役立つ知識やマインドの使い方をお届けしています。

より有用なLINE専用記事も含まれます。

以下の「友達追加ボタン」を押して、LINE登録してみてください。

LINEで友達追加

「コーチング・セッション」受付中!!

「コーチング・セッション」とは、私とあなたが1:1で直接セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンラインセッション」も承っております。

詳細はこちらへ

コーチング・セッション