ゴール達成

【ワーク】自分との約束

ゴールを達成していくためには、その過程で、「自分自身との約束」「自分ルール」をつくり、守ることが必要です。

セルフイメージやコンフォートゾーンのカラクリを考えると、ゴールを達成するのに最も必要なことは、「ゴール達成にふさわしい自分とマインドを創ること」で、それがないと、私たちの脳は現状維持に徹してしまいます。

すなわち、マインドを変えなくては、人生は100%変わりません。

そして、スコトーマが外れ、ゴール達成に必要な「やるべきこと」「やりたいこと」「行動すべきこと」が次第に明らかになってきたら、いよいよそれらを実際に行動に移します。

それが「自分との約束」「自分ルール」なのです。

例えば、「アファメーションを毎日朝晩欠かさず唱える」とか、「健康と美容のために○○する、運動をする」とか、「○○の本を読む」「笑顔を絶やさない」「ネガティブなセルフトークをやめる」「毎日○○する」「○○を習慣にする」など、ゴール達成に向かうための自分磨きの行動を起こします。


Insanity: doing the same thing over and over again and expecting different results.

Albert Einstein

同じことを何度も繰り返しながら、違う結果を望むことを狂気という。

アルバート・アインシュタイン(理論物理学者)


あなたの「自分との約束」「自分ルール」とは何ですか?
































解説


上記のワークは一見、非常に地味ですが、非常に効果があります。多くの人が人生が変わらない決定的な理由は、「行動に移さない」からです。

行動に移すというと、何やら大変な決心や覚悟が必要なように思われがちですが、まったくそんなことはありません。些細な行動であっても、潜在意識にとって抜群の効果を発揮するものは、世の中にたくさんあるのです。

「アファメーションを声に出して唱える」なんてのは、その最たるものです。10分かかるわけでもないし、膨大な体力と肉体的苦痛を伴うわけでもありません。「声に出して読むだけ」なのですから、簡単です。


上記のワークにおいて、特に大きなポイントは2つあります。

まずひとつめですが、実際に「書く」ということが大きな力というか、潜在意識に対して、強烈なアプローチとなります。

脳というのは、行動を最も信用する性質があります。単に頭の中で、思うだけなのと、思ったことに対して行動を関連付けたり、行動が伴う場合とでは、潜在意識に対する働きかけの強さという点で、天地の開きがあります。

ですから、「自分との約束」とか、「自分ルールを決める」ということに関しても、頭の中で決め込んでおくという、頭の中、イメージの中だけで完結させるよりもアウトプットする、要するに書いた方が圧倒的に効果が上がるのです。

また、人間というのは、時間が経つと、忘れていくいきものです。どんなに強く決心した自分との約束とか、ゴールであったとしても、時間とともに、その決心の強さそのものが薄らいでいってしまうのです。

この解決方法はきわめて容易です。「メモしておく」だけです。メモこそが、最強の潜在意識へのアプローチのひとつであり、忘れないための奥義でもあるのです。

こんなに簡単で確実な”行動”が、他にありましょうか?!

関連記事として、こちらの「世界で最も簡単・確実なゴールのかなえ方」も併せて読んでおいていただきたいと思います。


上記のワークのポイント2つめについてです。

それは、「行動を明確にする」ということです。私たちは、そして特に脳は、”明確さ”が不可欠です。明確でないと、脳も本気を出さないし、私たち自身も右往左往してしまいます。

自分ルールですとか、自分との約束を上記のワークにしたがって、きちんと書き留めることで、それはそれは明確な行動指針となるはずです。一切の躊躇や迷いがなくなります。ここが大切なのです。

書くというだけで、潜在意識への強力なアプローチと、明確さの両立ができてしまうということです。

先ほどと同じ文言を再度使いますが、こんなに簡単で確実な”行動”が、他にありましょうか?!


NEXTステージへ!!


自分との約束がきちんと組みあがったなら、そして、慣れてきて余裕がでてきた人は、次なるステップの”約束”に挑戦してみていただきたいと思います。

「他人との約束」、もしくは、「愛する人との約束」です。さらなる確固たる自分とセルフイメージを構築できるはずです。
















社会との約束


さらにさらに、「社会との約束」です。経営者の方、組織のトップの方、投資家・資産家の方、それらを目指す方などは特に、ぜひとも設定していっていただきたいと思います。

これらの内容は、強烈な潜在意識へのアプローチとなるばかりか、「自分理念」という壮大かつ明確な使命感と志を、しっかりと頭の中に根付かせることになります。

通常、企業や組織には、呼び方は様々ですが、企業理念や経営理念というものが存在します。簡単に言うと、「組織の真の存在目的」のことです。(詳しくはこちら

理念は組織にとって、魂そのものであり、理念なくして組織の繁栄などあり得ません。そのような壮大なビジョンがあるからこそ、組織は健全に活動し、役割を果たし、社会に対して貢献をしていくことができるのです。

そして、この「社会との約束」というワークでは、そのような壮大な使命感と世界観を一個人のあり方に対して適用、移植するものです。これ以上の確固たる信念というべきか社会とのかかわり方、人生の目的やゴールも、他にそうそうあるものではありません。
















「コーチング・セッション」受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンラインセッション」も承っております。

詳しくはこちらへ

コーチング・セッション