アファメーション

アファメーションして効果ない人の対処法


タイトルにあるように、アファメーションの効果が出ない人に向けた対処方法についての記事になります。

効果が出ない人の場合、いくつかのパターンが考えられますので、以下の内容をひとつずつ検証・考察していっていただければと思います。

アファメーションが分からない方、アファメーションについてきちんと知りたい、学びたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

アファメーションのルールに準拠する

① ルールの重要性

アファメーションの11のルール
  1.  個人的なものであること
  2.  肯定的な表現のみを使う
  3.  現在進行形で書く
  4.  達成しているという内容にする
  5.  決して他人との比較をしない
  6.  動きを表す言葉を使う
  7.  感情を表す言葉を使う
  8.  記述の精度を高める
  9.  バランスをとる
  10.  リアルなものにする
  11.  秘密にする

アファメーションのルールをきちんと守ることが、アファメーションの効果を最大限に発揮させる秘訣です。

すべてのルールは、アファメーションの再現する脳内でのゴール世界のリアリティを可能な限り高めるという一点に関わっています。

ルータイスの方程式

I(Image)× V(Vividness)= R(Reality)

イメージに鮮明さが伴うと、リアリティになる。鮮明で明確なイメージの描写が、脳内のリアリティをつくるのです。

ライフィングコミット 杉本

人間は、脳内に蓄積されたリアリティに従って、無意識に判断をしたり、また行動します。

リアリティのないものは、どんなに頑張ってゴール設定をしても、脳や潜在意識はスルーしてしまいます。

② ゴールの世界を当たり前にする


アファメーションのルールに関するよくある誤りのひとつが、アファメーションを「現在形」「現在進行形」&「肯定形」もしくは「断定形」にしていないことです。

たとえば、「私はフェラーリが欲しい」とか「私はフェラーリを手に入れるだろう」「私はフェラーリやお金のない生活を望んでいない」というのは、アファメーションとして機能しないということです。

これらのアファメーションは潜在意識に対して、「私は豊かさやフェラーリを手に入れていない」という前提・暗示になります。

アファメーションというのは、ゴールの世界のリアリティを強化し、ゴールの世界を自分にはふさわしく当たり前の世界だと潜在意識に認識させることですから、否定形や未来形で書くようなアファメーションでは効果がないのです。

ライフィングコミット 杉本

「今、手に入れている」「今、すでにゴールを達成している」という前提で書くのがアファメーションの正しいやり方です。

③ アファメーションを秘密にする


アファメーションは他人には見せず、秘密にします。ひとりでこっそりとアファメーションを書き留め、唱えるのです。特に、親や家族や友人に見せるのはおすすめしません。

他人に見せてしまえば、怪訝(けげん)な反応をされたり、ゴールを否定されたり、「君には無理だよ」「そんなゴールはやめた方がいい」「リスクを冒すな」「夢物語に浸ってないで現実を見なさい」「そんなことではまともに食えない、生活できないよ」などと言われ、ドリームキラーが現れるからです。

ドリームキラーとは、「夢を壊す人、ゴール達成を邪魔してくる人」のことをいいます。

アファメーションは声に出して読む


アファメーションは必ず、”声に出して”読んでください。

人間の脳は、頭の中で思ったことよりも、口に出したこと、声に出したことを信用します。

認知科学では、このことを「外部化」と表現します。

声に出すことで、一度、思考情報を脳から表(脳の外側)に出して、耳で自分の声を聞き、再びその情報を脳にインプットする、フィードバックすることを意味します。

この”外部化”という手順は、リアリティという点で非常に優れた性質を持ちます。声に出すことで、アファメーションの再現する世界の臨場感が圧倒的に高まるのです。

脳は、臨場感・リアリティの高いものを真実として選択しますから、アファメーションを声に出して読むことによって、ゴールの世界の再現性を極力高めることは、コーチングにおいて必須のスキルなのです。

アファメーションを声に出すことによる脳への影響とそのカラクリの詳細は、以下の記事が参考になります。脳の3層構造から生じるメカニズムについて詳しく解説しています。

セルフトークを管理・改善する


セルフトークとは、自己対話であり、「自らに語りかける言葉」のことです。

「アファメーションの効果がない」という人たちを見ていると、十中八九その人たちのセルフトークがよくありません。

よくあるネガティブなセルフトークとは、以下のようなものです。

  •  私にはできない、私なんかには無理だ

  •  私は運がよくない、運が悪い

  •  いつもこうなんだ、うまくいかない、失敗ばかり

  •  今月もお金がない、いつもお金には困る

  •  大変だ、難しい、疲れる

  •  体力や健康に自信がない、いつも調子が悪い、○○が痛い

アファメーションを熱心に唱えていたとしても、日常にそれらの内容とは相反するネガティブなセルフトークが蔓延していたら、脳内や潜在意識ではアファメーションの効果が打ち消され、せっかくのアファメーションが台無しになってしまいます。


あなたは、アファメーションを毎日、何回唱えていますか?

毎日3回唱える人は多くはありません。そして毎日10回唱える人はきわめて稀です。

その一方で、あなたのよくないセルフトークや口癖は、毎日何回、口走ってしまっていますか?

アファメーションとセルフトークの回数比率を冷静に考えてみると、多くの人はこうなっています。

ネガティブなセルフトークの回数 > アファメーションの回数


ネガティブなセルフトークをやめる!!

これに尽きます。もしくは、ネガティブなセルフトークに気づいたら、それとは真逆の言葉を自分自身に言い聞かせます。

言葉遊びのように感じるかもしれませんが、あなたの声を一番に聞いているのは、あなた自身の脳や潜在意識なのです。

はじめに言葉があった
言葉は神と共にあった
言葉は神であった
この言葉ははじめに神と共にあった
すべてのものはこれによってできた
できたもののうち一つとしてこれによらないものはなかった
この言葉に命があった

新約聖書 ヨハネによる福音書 冒頭

人間というのは自分の口から出た言葉の集積である。だから人間というのは自分の発した言葉に必ず出会うだろう。

エドガー・ケイシー(予言者)

ゴールを見きわめる


そもそも、ゴールがあなたにとってホンモノではない可能性があります。

アファメーションのやる気が出ないとか、セルフトークのコントロールに本腰が入らないというのは、そもそも、ゴールがあなたにとって真実ではない可能性があります。

ですから、本気になれないのです。

アファメーションとは、ゴールの世界のリアリティを強化するために行うツールです。

しかし、ゴールがあなたにとってホンモノや真実でないとすれば、そもそも本気ややる気など到底起こるはずもありませんから、アファメーションをいくら熱心に、というより無理やりに唱えたところで、脳にとってアファメーションの再現する世界のリアリティ強化など、かなうはずもないのです。

ライフィングコミット 杉本

あなたが今持っているゴールとは、あなたにとって”ホンモノのゴール”ですか?

あなたのゴールは、本当に心から成し遂げたいと心底感じる”真実のゴール”ですか?

ゴール設定の3つのルール
  1.  ゴールはなるべく遠くに設定する(現状の外側)

  2.  心から望むことをゴールとして設定する(Want-to)

  3.  ゴールは人生の各方面に設定する(バランスホイール)

最後に


上記の内容とエッセンスをしっかりと確認・検証をしたら、まずは半年間、アファメーションをコツコツと愚直に、真摯な気持ちでもって実践していってください。

そのとき、自らの人生や行動、自分自身の置かれた環境や生活習慣を丁寧に見直してみたとき、アファメーションの効果と実生活の変化に気づくことができるに違いありません。

「コーチング・セッション」お申込み受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

詳細はこちら

ブログの更新をLINEでお知らせ

こちらのLINE配信では、あなたの”幸福”と”繁栄”を追求するために本当に役立つ知識とマインドの使い方をお届けしています。

以下の「友達追加ボタン」を押して、LINE登録してみてください。

LINEで友達追加