アファメーション

【ワーク】超一流になる秘訣

ゆったりとした落ち着いた気分と環境のなかで、じっくりと時間をかけて、取り組んでみてください。


① あなたは人さまのために、拝めますか? 手を合わせて、真摯に感謝の気持ちを手向けることができますか?



② あなたが本気で心から拝みたいと想う人は誰ですか?



③ 本当に、上記の人たちだけですか? 誰か、忘れている人はいませんか?



④ 上記の人たちに対して、どんな恩返しをしたいですか?



⑤ 上記の人たちに対して、何を約束しますか?



⑥ 上記の人たちを思い浮かべて、あなたが見習うべきことはありますか?



⑦ 上記の人たちに対して、恥じない生き方とは、どのようなものだと思いますか?



⑧ 思い浮かんだ目標、キーワード、アファメーションはありますか? それは、どのようなものですか?



解説


人を拝んだり、信仰心を持つというのは、謙虚で素直で真摯な心をつくります。

人は、他人に認められたいという「承認欲求」や、自分が重要人物として扱われたいという「自己重要感」の心理を、誰しもが持ち合わせています。

この心理について、詳しくはこちら

こういった心理自体は、決してよくないものではありません。このような心理があるからこそ、人は自らを高めようとしたり成長しようとしたりという、ポジティブな感情が生まれるひとつの源泉となっています。

しかし、この心理や感情が亢進(こうしん)しすぎると、相手に対して、傲慢な態度であったり、不遜(ふそん、思いあがること・つけあがること)な人格を形成してしまうことが少なくありません。

「調子に乗ること」と「図に乗ること」は、本質的に違います。

前者は自分の心の中で完結することであり、後者は他人の心や気分に対してネガティブに働くものです。


じつは、そこそこのお金持ちや成功者が、本当の意味での大金持ちや真の大成功者となれない人の本質的な問題点・要因とは、ここにあります。

要するに、そこそこに成功をして、”図に乗って”しまうのです。

図に乗ると、他人に対して、とかく横柄な態度をとるようになりますから、そんな態度をした人物に対して、周りの人が好意を抱くはずがありません。確実に、人や人の気持ちが離れていってしまうのです。

この点に関しては、組織や企業の場合は特に顕著です。

組織のトップや経営者、経営幹部、上司やチームのリーダーなどが、図に乗ってしまった状態で、その組織が健全に、もしくはモチベィティブに機能するはずがありません。

実際に、組織や企業で業績が圧倒的に高いところというのは、その組織に関わる人たちのモチベーションが非常に高く、果敢な理念のもとで、利他的なマインドを築き、相手に感動や驚嘆を与えるような商品やサービスを提供しているからです。(理念についてはこちら


図に乗らないための一番の方法とは、「感謝の気持ち」をもつことです。

相手に対して、真摯な感謝の気持ちをもつ者が、その相手に横柄で不遜な態度をとるはずがありません。

感謝とは、人が健全で促進的・発展的な人生を歩むうえで、最も基本的で必要な好意というか心の働き、感情になります。

そして、そうした感謝の気持ちを初心に返って、潜在意識にまでしっかりと伝えるのが、本日のワークになるのです。


名言集


「小さい会社の経営であれば、率先垂範して部下の人に命令しながらやることも必要だけど、これが百人とか千人とかになれば、それではあかんね。心の底に、「こうしてください、ああしてください」というような心持ちがないといかん。これがさらに1万人、2万人となれば、「どうぞ頼みます」という心境に立たんと駄目やな。けど、もっと大きくなると、部下に対して「手を合わせて拝む」という思いがないと、いかんということや。わしはそういう心で経営をやってきた」

松下幸之助(旧 松下電器、現 パナソニック創業者)


関連記事: 「組織のトップや経営者のあるべき真のマインドの姿とアファメーション」はこちら

「コーチング・セッション」受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンラインセッション」も承っております。

詳しくはこちらへ

コーチング・セッション