パワースポット・神社

奈良の秘境 天河神社と玉置神社(究極のパワースポット関西編1)


少し前に「風水龍脈とパワースポット」に関する記事を書いて、そのあとに「関西でパワースポットはどこがありますか?」といったお問い合わせやご質問が結構多くありました。

なので今回のテーマは、関西のパワースポットに焦点を当ててみたいと思います。

今日はその第一弾として、まずは、「天に呼ばれないと行かれない神社」からスタートしましょう!!

風水龍脈と関東版パワースポットめぐりはこちら

結界の本当の意味と役割


「天に呼ばれないと行けない場所」というのは、日本各地にわりと多く存在します。不思議なもので、本当にそういう聖地というのはあるのです。

メカニズムを簡単に説明すると、そのような聖地とは、場の(抽象)次元が高くなっているので、その次元にふさわしく、その人のマインドやコンフォートゾーンが場の次元に合致していないと、自然と結界のカラクリが働き、その場に弾かれたり、行く手を阻まれます。


結界というのは、何らかの情報エネルギーによって閉じられた異空間のことで、特殊な境界、バリアのようなものです。

陰陽師で有名な安倍晴明が、鬼退治に使っていた得意技のひとつが「式神」と「結界」で、安倍晴明の非常に優れた思想というべきところなのですが、彼は鬼と戦うことをせず、”鬼から見えなくする”という発想で、空間や人々を結界で包み、場の次元を変更し、鬼から見えない位置に都や民を隠したのです。

天才と言わざるを得ません。

”鬼”という表現は分かりやすい俗称で、実際の多くは、動物霊・低級霊であったり、悪意を持つ術者の洗脳やコントロールのことを指します。

より一歩進んで言えば、動物霊というのも俗称で、正確には「情報空間に介在する低次元・低抽象度レベルの情報体」です。

動物霊は我々の住む物理次元・物理空間に実在するわけではありません。情報空間上の単なる低級情報であり、マインドに悪さをするバグのようなものです。

「悪霊などに憑依(ひょうい)される」という言葉を聞いたことがあると思いますが、この”憑依”も情報空間上のバグの一種です。


結界で場や空間や人々を包むと、結界によって閉じられた境界内は抽象度レベルの次元が変更され、人々は鬼や動物霊やバグ情報から隔離されます。

抽象度レベルとは、情報空間上の位置エネルギーの高さのことですが、これが結界の本質的作用です。

簡単に言ってしまうと、結界とは、抽象次元のワープ装置のことなのです。

呼ばれないと行かれない神社とは?!


天に呼ばれないと行かれない神社とは、神職に携わる宮司さんなどの真摯な祈りの力や、清浄で崇高な自然環境によって、情報空間上における場や空間の抽象次元が高くなっている場所、神社のことです。

真摯な祈りの力は、抽象度エネルギー(情報空間上の位置エネルギー)を高め、結界空間を生成します。

また、風水で話題となる”龍脈”も崇高な自然エネルギーのひとつですから、高い抽象度エネルギー場を生成し、結界となり得ます。


前述したとおり、結界が生成されると、場の抽象次元が変更され、情報空間上の高い位置に空間が次元ワープを起こします。

聖地や天に呼ばれないと行かれない神社とは、こういったメカニズムが働いている場所のことなのです。

聖地とは、情報空間上における高貴な山脈の頂上みたいなところですから、やたらな人は入り込めません。もしくは、見聞きできない、知らされない、認識できません。

聖地やこの類の神社に、魂やマインドの準備ができていない人が無理に入ろうとすると、事件が起きます。

「悪天候に行く手を阻まれる」「強風や大雨に見舞われる」「コンパスやカーナビが狂う」「途中、事故が起きる」「体調不良が生じる」「急用が入って行けなくなる」などの障害が立ちはだかるのです。

非常に不思議な話なのですが、これが情報空間上の結界による作用です。


こうした聖地に足を踏み入れるためには、魂を鍛え、清くする以外に方法はありません。

結界に弾かれぬよう、聖地にふさわしいマインドとコンフォートゾーンを築くということなのですが、具体的に言うと、運気を高めること。それは、”いい人”になるということです。


理論とメカニズムの話はこれくらいにして、それではさっそく、神気に満ちた神社をご紹介していきましょう。

天に呼ばれないと行かれない神社 実践編

① 天河大辨財天社


奈良県天川村にある「天河神社」です。

HPサイトはこちら

本殿

奈良最強のパワースポットとして名高い「天河大辨財天社」(天河神社)です。

ここの場の聖地っぷりは、この上ない衝撃を受けましたね。わりと長く気功をやっていましたが、これほど清浄な聖地、浄化エネルギーの突出した空間というか神社も本当にめずらしいものです。

このレベルの異空間は、私はこの地の他に、日本武尊(やまとたけるのみこと)が祀られる山梨県の富士吉田にある「大塚丘(おおつかやま)」という祠(ほこら)以外知りません。(大塚丘の紹介サイトはこちら

人生で必ず行っておかなければならない神社として君臨していると思います。芸能の神としても知られているようで、多くの芸能人が参拝に訪れているそうです。


それにしても、この地のこれほどまでの崇高なエネルギーと心身の浄化力はどこから生じているのでしょうね。

地形から見て、まず天河神社の後ろにある「弥山(みせん、1895m)」という山から降り注ぐ龍脈が考えられますが、ひとつの山から降り注ぐ龍脈エネルギーだけで、これほどまでの強力な体感が得られるのだろうかというのが、個人的な感想です。

天河神社の付近は、海抜1000m級の山々が連なり、囲まれていますから、複数の山々が呼び込む複数の龍脈が、天河神社の付近で一気に噴出しているのではないかと思います。

龍脈は、天から鋭い山の頂上に向かって降り注ぎ、基本的には地面の下を伝い、時折地上に噴出するポイントがあって、そこを「龍穴」と呼びますが、龍穴はそうそう多くあるものではありません。

ですから、龍穴スポットというのは大変貴重で、古代から珍重されているありがたい場所となり、神聖な神社として建てられる聖地でもあるのです。

天河神社のように、複数の龍脈が重なり、それが複数の龍穴として表に顔を出すパターンというのは、きわめてめずらしいものです。そうでなければ、これほどの強力な龍脈エネルギーと浄化力というのは生じないのではないかと、私は考えています。

とにかく凄まじい究極の心身浄化スポットです。不思議としか言いようがないのですが、まさしく神の宿る神気に満ちた究極の聖地だと心底実感します。


それから、この辺りの特筆すべき点に、「ゼロ磁場」という特徴があります。

鉱山・鉱石から生じる磁力が、地磁気である地球全体の磁力と向かい合って、磁場が互いに打ち消し合い、実質的に地磁気・磁場がゼロになるポイントという意味なのですが、これが心身の浄化に貢献しているとはちょっと考えにくい。

人間の血液・赤血球には鉄分が豊富に含まれていて、生命体の血液循環は地球の持つ磁力の力を利用して、より循環を促すということはあまり知られていない事実なのですが、その点を考慮すると、ゼロ磁場が心身浄化に貢献するとは疑わしいのが個人的な意見です。

現に、宇宙空間に長く滞在する宇宙飛行士たちは、様々な体調不良を訴えますが、それは宇宙空間には地上と違って地磁気がないからです。(また、宇宙空間は重力がないことも、筋肉運動を著しく減らし、筋肉のポンプ作用による血液循環を大きく低下させます)

ゼロ磁場と心身浄化との間には、直接的な因果関係はないと思います。たぶん。

これほどの極まった聖地なのですから、さぞご利益も霊験あらたかなのだろうと推察されます。しっかりとご神符もお願いしてまいりました。

禊殿(みそぎでん)

本殿から徒歩10分ほど離れたところに、本殿とは別に、”禊殿”という場所もあります。

禊(みそぎ)とは、罪や不浄なもの、穢(けが)れを洗い流し、落とす儀式のことですが、本殿のすぐ近くにはきわめて透明度の高い、エメラルドグリーン色の美しい川が流れていて、そちらに降りていくと、禊の儀式が行えるようになっていました。

これほどの非常にきれいな水が流れる場所も、国内ではめずらしいのではないでしょうか。まさしく禊にふさわしい聖地です。

そして、聖地としての浄化的な印象と体感、龍脈エネルギーの威力は、本殿よりも、こちらの禊殿の方がより強く感じられました。

禊殿は、本殿より龍穴の中心に近いものと思われます。

② 玉置神社


上記の天河神社と同じく奈良県にある、十津川村の相当な山奥に鎮座する「玉置神社」です。世界遺産となっていて、熊野三山の奥の宮になります。

熊野三山とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3つの神社の総称のことです。

玉置神社のHPサイトはこちら

玉置神社 境内

こちらの神社はかなり遠いですね。熊野古道にほど近く、クルマでもかなりのクネクネ山道を登っていきますから、結構な時間がかかります。

現地に到達するまでに一苦労です。立地的・物理的にも”呼ばれないと行かれない神社”ですね。

前述の天河神社とは、本質的にエネルギーの方向性が真逆を向いています。

天河神社が浄化系ならば、こちらの玉置神社は封入系。より好ましいプラスのエネルギーとご利益を参る者に対して、お与えくださいます。

封入系 ⇒ ポジティブなエネルギーを加えること

浄化系 ⇒ ネガティブなエネルギーを差し引くこと

境内に入るとすぐさま、間違いなく関西屈指のパワースポット神社として君臨する聖地の名にふさわしい、格別な霊験あらたかさを存分に感じます。

何でしょうね、この溢れるような、包み込まれるやわらかさとやさしさと安心感を感じる不思議さというのは。

このような体感を感じる神社は、私は他の場所では経験がありません。龍脈独特の涼し気な浄化的な印象とは全く異なります。

ここでご祈祷を受けたら、さぞ素晴らしいご利益と繁栄にあやかることができるのではないでしょうか。

この場に内在するエネルギーの多くは人為的なもの、人の真摯な祈りの力が、強大な結界空間とエネルギー場を創造しているように感じます。

見事なまでの自然の力と人の祈りの力との融合と調和が、他の追随を許さない格別の幸福感と満足感、そして安心感さえも私たちに与えてくださいます。

私自身、毎年必ずお伺いしようと強く心に決めました。


ご祈祷は、一願意につき5,000円でやってくださいます。

あまりにこの地の霊験あらたかさと幸福感を感じるものですから、私は図々しくも、3つの願意をお願いしてしまいました。今後が楽しみで仕方ありません。

  •  神恩感謝

  •  心願成就

  •  商売繁盛

※ 宮司さんのお話によると、通常のご祈祷は、まず最初に「神恩感謝」があって、その次に「心願成就」をすれば十分だそうです。

ほかに、「世界平和」という願意もよく見かけますね。

ご祈祷を手向けてくださった宮司さんは、なんと東京の目黒区出身、國學院大學の神道科出身の方で、私が東京からはるばるクルマで訪れたということで、色々と話が弾みました。

少しお話をさせていただくだけで、その方の真摯なご祈祷に対する向き合い方、人格の高さをうかがい知ることができました。

本当にありがたいことです。

玉置山

玉置神社から徒歩20分ほどで、玉置山の頂上に登ることができます。

本当に心が安らぐ、清々しい気持ちにさせてもらえます。下界の小さな悩みなど、どうでもよくなります。

関西版究極のパワースポットめぐり

次回につづく

「コーチング・セッション」お申込み受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

詳細はこちら

ブログの更新をLINEでお知らせ

こちらのLINE配信では、あなたの”幸福”と”繁栄”を追求するために本当に役立つ知識とマインドの使い方をお届けしています。

以下の「友達追加ボタン」を押して、LINE登録してみてください。

LINEで友達追加