コーチング用語集

バランスホイールの意味と目標設定の仕方

コーチングとは、人生の目標であるゴールを設定し、ゴールを達成するための「マインドの上手な使い方」のことです。

コーチングのゴール設定における「バランスホイール」の理解を深め、コーチングを成功させ、人生を加速させましょう。

こちらの記事では、「バランスホイール」について解説をします。

バランスホイールとは?


「バランス・ホイール」とは、言っていること自体はとてもシンプルで、「人生の目標設定をする際、人生の各方面にまんべんなく、ゴールを設定しましょう」というだけのことです。

例として、以下のような分野が考えられます。

  •  職業、社会的地位や名誉
  •  年収、資産(不動産、現金、株 etc)
  •  趣味、余暇、スポーツ
  •  精神性、生きがい
  •  文化、芸術
  •  健康、美容、鍛錬
  •  生涯学習、語学、資格
  •  生活、時間
  •  住環境、所有物
  •  家族、家庭、教育
  •  人脈、人間関係、パートナーシップ
  •  地域活動、社会貢献、自然環境保全
  •  今後の挑戦
  •  老後、贈与、相続  など

上記の分野を参考にしながら、「自分の人生とは、どういったものが理想なのかということをきちんと考えて、突き詰めて、ゴール設定しましょう」というのがバランスホイールの考え方です。


【企業・組織の場合のバランスホイール】

  •  社員の幸福、生活、健康
  •  給与、待遇、社内教育
  •  職場環境、建物、内装、オフィスビル
  •  福利厚生、休暇、社員旅行、周年行事

  •  雇用、人財配置、社員数
  •  店舗展開、支店・営業所数、工場数

  •  組織・企業理念の社員への浸透と対策

  •  協力企業、仕入先、関連企業、子会社
  •  パートナーシップの強化・開拓

  •  顧客、客層、顧客満足度調査
  •  主力商品、新商品、ブランドイメージ
  •  広告、マーケティング、ネット販促

  •  イノベーション、技術革新、特許
  •  研究開発、設備投資

  •  地域活動、社会貢献事業、寄付
  •  社会的弱者・障害者支援
  •  自然環境保全、地球環境に対する配慮

  •  売上・利益・資産、BS/PL
  •  資金調達、銀行、資本金

  •  出資者、株主、社会的評価・信用

  •  新規事業展開、海外進出

バランスホイールのエッセンス


バランスホイールによるゴール設定について、特に重要なポイントを解説していきます。

① ゴール設定はバランスが重要

1-1: 人生のバランスは真の豊かさの源泉


バランスホイールで最も大切なことは、先ほども言いましたが、「人生の各方面にまんべんなく、ゴールを設定する」ということです。

これは当たり前のことのようですが、多くの人がおろそかにしがちな点でもあります。

あなたの身の回りの人たちをよく観察し、見回してみてください。

好きな仕事につき、その職業が成功し、豊かさやお金に恵まれ、住む場所が安定し、そして家族みんなが幸福を享受し繁栄し、時間と余裕と趣味にも満たされ、健康にもまったく問題がない。

旅と冒険を満喫し、人生の探求と創造を謳歌し、人格や人間関係も良好で、生涯教育や学び、資産状況、将来と老後の生活設計、社会貢献、今後の人生の展望とそれに向かった挑戦など、これらが何不自由なくすべて充分に満たされている人が、あなたのまわりにいますでしょうか?

こういった人は稀で、多くの人が人生の何らかの分野で問題を抱えていたり、望みや希望を失っていたり、どこかしら放棄し諦めているパターンが多く見られるのではないかと思います。


その一番の理由とは、ゴールを設定していないからです。

ゴール設定をしていないがゆえに、自分も脳も、潜在意識も、その目標・目的地が分からず、現状維持に徹してしまうしかなくなり、したがって問題が解決せずに、日常を混沌とした状況の中で過ごしてしまうことになるのです。

脳は、目的地や明確な目標に向かって、自動操縦装置のように進んでいこうとする性質があります。そしてその目標がないと「現状維持」をしようとするのが脳の仕事です。

ですから、人には人生の目標であるゴールが必要で、ゴール設定にはバランスホイールが重要なのです。

ライフィングコミット 杉本

ゴールがないと、人生は今のまま、現状維持になります。

1-2: ゴールが先、方法は後


多くの人が人生の各方面にまんべんなくゴールを設定しようとしない背景には、ゴール設定に関する意識と感覚、教育と知識がないこともありますが、さらに大きな理由として、「どうやってそんなに大きな目標やゴールを達成したらいいの?」という不安や恐怖あるからです。

方法ややり方が見えないし、分からないから、「目標設定しても仕方がない」と考えてしまうのです。

しかしここにこそ、コーチングにおける大変重要なエッセンスがあります。

それは、「ゴールが先、方法は後から」というものです。

ライフィングコミット 杉本

やり方が見えないからゴールを設定しないのではなく、やり方が見えないからこそゴール設定として正しいのです。

人間のマインドには志向性が、ゴールを設定すると、そちらに向かって勝手に突き進んでいこうとする性質があります。

そして、ひとたびゴールが設定されると、自分に足りないものや、ゴール達成に必要な方法を探し出して、ゴールを達成させようとするのが潜在意識の働きです。

ですから、ゴール設定の時点で、そのゴールの達成方法が見当もつかないようなゴールであっても、全く問題ありません。

むしろそのようなゴールの方が、自分自身を大きく成長させ、人生に偉大なる変革を起こし、真の幸福や豊かさを求め、満喫・謳歌できるようになります。

ゴール達成の方法ややり方は、ゴールを設定した後で、次第に見えてくるようになります。これをコーチング用語で、「スコトーマが外れる」と言います。

スコトーマとは「心理的な盲点」の意味ですが、スコトーマの解説や原理については下記にゆずります。

② ゴールは「現状の外側」に設定する

2-1: 自己変革に本当に必要なもの


ゴールは、今の自分から「なるべく遠く離れた場所に設定する」ことがより好ましく、コーチングとして正解になります。

ゴール設定の3つのルール
  1.  ゴールは現状から離れた遠くに設定する(現状の外側)
  2.  心から望むことをゴールとして設定する(Want-to)
  3.  ゴールは人生の各方面に設定する(バランスホイール)

ゴールをなるべく遠くに設定する理由や説明の仕方には色々とあるのですが、その最たる理由とは、そうしないと人は変われないからです。

一般常識からすると、「身の丈にあった判断をするべきだ」とか、「そんなに無理・無茶をするとリスクが高いからやめた方がいい」などということになるのでしょうが、その判断こそが人生を自らマンネリ化した牢獄に閉じ込めてしまう元凶なのです。

現状に近いゴール、今の自分の立ち位置から考えて、達成可能そうな目標というのは、現状の自分を尊重したゴールであり、それはすなわち「現状の肯定」です。

脳や潜在意識にとって、「今のままでいいよ」というメッセージに他なりません。「変わらなくていいよ」と自分の脳に語りかけているのですから、それで人生が変わるはずがありません。

多くの自己啓発の最大の誤りとは、この間違った形での「自己肯定」になります。

ライフィングコミット 杉本

誤解を恐れずに言えば、人生を変える秘訣は、自己否定です。

しかしそれは、自分の存在を否定しろという意味ではありません。「現状維持のマインドを否定しろ」ということです。

そのために、わざと、現状からなるべく遠く離れたところにゴールを設定するのです。それをコーチングでは、「現状の外側にゴールを設定する」と表現します。

今の自分には大きすぎると思うようなゴールを設定することからはじめましょう。

そして、それを現状のほうに引き寄せるのではなく、そのゴールに向かって自分を成長させていきます。ゴールに圧倒されないくらい、今よりずっと大きな自分になるのです。

ルータイス 著「アファメーション」p221より引用

2-2: モチベーションの正体


もうひとつ別の視点、ゴールをわざわざ現状の外側に設定する理由、説明の仕方についても書きます。

ゴールは遠いほうが、潜在意識は焦るからです。

潜在意識の最たる働きとは、「頭の中にある、自分のあるべき姿の実現」です。この”あるべき姿”のことをセルフイメージとか、自己イメージといいます。

言い方を変えると、「セルフイメージと現実世界との矛盾の解決」がその役目です。

私たちは、現実世界を潜在意識が思い込んでいる自分や世界のとおりにしたいのです。

ですから、セルフイメージと現実世界との間にギャップや違いがなければ、潜在意識は安心します。そして、私たちの脳は現状維持をしようとします。

ひるがえって、セルフイメージと現実世界との間に大きなギャップがあると、潜在意識は焦ります。無意識に本気を出して、その矛盾を解決しようとするのです。

この出した”本気”のことを、モチベーションといいます。モチベーションとは、潜在意識が感知したセルフイメージと現実世界とのギャップを埋めるためのエネルギーのことをいいます。

ここのメカニズムをきちんと理解すると、自己変革はより容易でスムーズになります。

人生を大きく変えるために、膨大なエネルギーとモチベーションが必要となったときに、頭の中にあるセルフイメージと、今自分が置かれ身の回りに広がっている現実世界や環境との間に、意図的に大きなギャップをつくり出せばいいだけです。

それを簡単に言い換えたのが、「現状の外側にゴールを設定する」ということなのです。

③ 真の幸福とは利己と利他の共存


バランスホイールの中身をもう一度見てみましょう。

  •  職業、社会的地位や名誉
  •  年収、資産(不動産、現金、株 etc)
  •  趣味、余暇、スポーツ
  •  精神性、生きがい
  •  文化、芸術
  •  健康、美容、鍛錬
  •  生涯学習、語学、資格
  •  生活、時間
  •  住環境、所有物
  •  家族、家庭、教育
  •  人脈、人間関係、パートナーシップ
  •  地域活動、社会貢献、自然環境保全
  •  今後の挑戦
  •  老後、贈与、相続  など


この中身を大きく2つに分けると、「自分のためのゴール」と「他人のためのゴール」という、2種類のゴールという見方ができると思います。

厳密に言えば、それらは完全に分けられるものではないのですが、概ね、以下のように考えることができます。

① 「社会的成功と成長」

地位や名誉、お金、学びや生きがいといった、自分を喜ばせるための利己的目標 ⇒ 能力の向上


② 「人間的成功と成長」

家族、友人や仲間、地域社会や自然など、自分以外をどう幸せにするかといった利他的目標 ⇒ 人間性の向上

両者をきちんとゴール設定することがバランスホイールの秘訣です。

「それを人生における”バランス”と言います」と言ってしまえばそれまでですが、自分のことだけを考えている人は、成功や豊かさとは無縁です。

誰もそんな人を相手にしようとはしませんし、この世界はたった自分ひとりだけで成功できるようにはなっていないからです。

かといって、他人のことだけを一生懸命に考えているようでもよくありません。それでは人生が面白くはないでしょう。そういうのを本当の意味での幸福とは言いません。

自分も幸せで、相手や他人も幸せであればこそ、それが真の幸福であり、豊かさであると言えます。

バランスホイールの本当の威力


バランスホイールを意識することは、コーチングにおける成功の秘訣です。

それは、前述した利己と利他の話もそうなのですが、脳の働きとして特筆すべき点があります。

それは、バランスホイールによる「ゴールの世界のリアリティ」の強化です。

脳は、頭の中のセルフイメージの実現に向かって、エネルギーを生み出し、モチベーションを発揮し、自己変革へと走り出します。

そしてその”力”は、「明確さ」によって、より加速されます。

明確さがないと、脳や潜在意識はどこに向かっていいのか目的地が定まらず、判断や行動があいまいになってしまうからです。

ゴール達成の方程式

I(Image)× V(Vividness)= R(Reality)

イメージに鮮明さが伴うと、リアリティになる。

鮮明で明確なイメージの描写が、「脳内のリアリティ」をつくるのです。リアリティとは脳内におけるその人にとっての”真実”のことで、「自分自身の在り方と、そこから見える世界の姿」のことです。

人間は、脳内に蓄積されたリアリティに従って判断し、また行動します。リアリティとは、セルフイメージそのものです。

そして、ここがバランスホイールにおける非常に重要なポイントとなるのですが、「ゴールがたったひとつの場合よりも、多方面に複数のゴールを設定するほうが、ゴールの世界の明確さはより高まり、ゴールのリアリティが強化される」のです。

ゴールの世界に存在する将来の自分に、明確さやリアリティが伴えば伴うほど、潜在意識は活性化します。目的地がより明確になって、潜在意識が本気を出すからです。

バランスホイールによるゴール設定が、それをより確実に可能にするのです。

ライフィングコミット 杉本

ゴールの世界の明確さとリアリティの源泉・原動力となるのが、バランスホイールの威力なのです。

「コーチング・対面セッション」お申込み受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

詳細はこちら

ブログの更新をLINEでお知らせ

こちらのLINE配信では、あなたの”幸福”と”繁栄”を追求するために本当に役立つ知識とマインドの使い方をお届けしています。

以下の「友だち追加ボタン」を押して、LINE登録してみてください。

LINE友だち追加ボタン