ゴール達成

成功イメージしても成功しない人達(その1)

今日の記事はコーチング実践者には必須の知識です。必ず熟読してくださいね。

勿体ぶらずに本題に入ります。

自己啓発とか成功法則などで「成功イメージすると、イメージが現実化し、目標達成できる」という類のことは、必ず言われることです。

一昔前に流行った「引き寄せの法則」もそうです。謳い文句は「思考は現実化する」ですよね。

ですから目標を明確に決め、視覚化イメージ(ビジュアライゼーション)をして、脳から叶えたい夢の思念というか波動を宇宙に発する。宇宙に曖昧な目標を伝えても、宇宙は困って叶えようがないから、目標はしっかりと明確にする必要がある。そうしてはじめて、思考は現実化して夢は叶うというわけです。

他にもよく言われるのは、願いを叶えるためには「目標やゴールは明確にする必要がある」、脳は明確にしない目標はゴールとして認識しないから、目標を紙に書き出したり、ビジュアライゼーションを徹底的に行うのが最強・最善などの成功哲学です。

ここであなたに質問です。これらが本当なら、もうとっくの昔に、世の中は成功者で溢れかえっているとは思いませんか…⁈

でも現実にはそうでもなさそう。

このブログを読んでいるあなたはどうでしょうか。今まで散々、夢を書き出したり、ビジュアライゼーションはしたけど、やっぱり叶わなかった。そう思う方が多いのではないでしょうか…⁈

先に述べた成功法則は間違いだったのでしょうか…⁈

いいえ、違います。

現実に、夢を書き出したり、ビジュアライゼーションをして潜在意識が本領を発揮し、夢を叶えていく人達もきちんと存在します。

ただし、ごく一部の人、多く見積もっても5%といったところです…

夢を叶える「天才」たちと、一生懸命夢をイメージしても叶わない「凡人」たち、一体何が違うのでしょうか…⁈

じつは、両者の違いは、きちんと明確に存在しています。

潜在意識下にインプットされた記憶、脳に条件づけされた本当の自分の在り方、要するに、本当の意味でのセルフイメージやコンフォートゾーンのことです。

天才 → 潜在意識に成功が条件づけられているため、成功をイメージすると、潜在意識がそれを受け入れ、活性化し、脳全体でやる気と本気を出す

凡人 → 潜在意識に失敗が条件づけられているため、成功をイメージしても、潜在意識はそれを拒否、もしくはシカトし、成功イメージをしても、結局は何も変わらない

これが本当のカラクリなのです。

ですから、うまくいかない人は、脳や潜在意識の「条件づけ」を変えないかぎり、100%一生成功できないわけです。

次回につづく

ブログの更新をLINEでお知らせ

こちらのLINE配信では、あなただけの「特別な豊かさ」を創造するために、本当に役立つ知識やマインドの使い方をお届けしています。

より有用なLINE専用記事も含まれます。

以下の「友達追加ボタン」を押して、LINE登録してみてください。

LINEで友達追加

「コーチング・セッション」受付中!!

「コーチング・セッション」とは、私とあなたが1:1で直接セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンラインセッション」も承っております。

詳細はこちらへ

コーチング・セッション