ゴール設定

【組織向けワーク】企業理念の明文化

世の中には非常に多くの企業組織や、その「理念」が存在します。企業理念、あるいは経営理念等について調べてみましょう。発展的な組織というのは、必ず人々に役立つ視点、社会に大きく貢献するような内容になっているはずです。より多くの人々を喜ばせることこそが、繁栄の源泉となるのです。

企業理念とは、創業者の想いや組織の存在意義、在り方、組織が最も大切にする土台となる考え方のことです。組織が「何のために存在するのか」「何を通じて世のため人のために貢献するのか」といった組織の真の目的のことです。


【京セラの経営理念】

社是: ”敬天愛人”

常に公明正大 謙虚な心で 仕事にあたり
天を敬い 人を愛し 仕事を愛し 会社を愛し 国を愛する心

経営理念: 全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること

紹介ページはこちら


壮大な理念や目標は、個人・組織を問わず、必ず描かなければなりません。人間は思いもしないことは、決して実現できないからです。理念とはいわば、組織に魂を吹き込む作業そのものです。

企業経営者や組織運営に携わる方、あるいは起業・独立を考えている方は、絶対的に組織の「理念を明文化する」必要があります。組織の目的や運営や方向性を明確にする、組織の構成員がそれを理解し、一体性・一貫性を持って行動するためです。

理念を明文化する際は、全社員をはじめとする関係者(協力・取引企業、顧客、地域社会、出資者・株主)が共感・共鳴し、彼らの心に響く内容にしなければなりません。

企業や組織の理念、その必要性について、詳しくはこちら


理念研究


① アマゾン

地球上で最もお客様を大切にする企業


② グーグル

世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること

”グーグルの使命”の紹介ページはこちら


③ オリエンタルランド(ディズニーランド)

自由でみずみずしい発想を原動力に
すばらしい夢と感動
ひととしての喜び
そしてやすらぎを提供します。

企業理念の紹介ページはこちら


④ ANAグループ(全日空)

安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で
夢にあふれる未来に貢献します

経営理念の紹介ページはこちら


⑤ 伊那食品工業株式会社

社是: いい会社をつくりましょう ~ たくましく そして やさしく ~

理念: 社員が幸せになるような会社をつくり、それを通じて社会に貢献する

経営理念の紹介ページはこちら


⑥ ふくや

「強い会社、いい会社」

経営理念の紹介ページはこちら


⑦ サントリーグループ

水と生きる

企業理念の紹介ページはこちら


⑧ SBCメディカルグループ

お客様のための「医療サービス」の追求

経営理念の紹介ページはこちら


⑨ びわこホーム

私達は住生活感動業を通して、人と地域の幸せを築きます

経営理念の紹介ページはこちら


⑩ イカリ消毒株式会社

美しい街づくり、それが私たちの願いです。

企業理念の紹介ページはこちら


⑪ 丸紅

丸紅は、社是「正・新・和」の精神に則り、公正明朗な企業活動を通じ、経済・社会の発展、地球環境の保全に貢献する、誇りある企業グループを目指します。

経営理念の紹介ページはこちら


⑫ 中央タクシー株式会社

お客様が先 利益は後

お客様主義を礎として「お客様・社会・会社」三位一体の相互信頼を築き、これをもって地域社会に貢献し、誇り・躍動・豊かさを追求するプロ集団として業界の革命児となる

経営理念の紹介ページはこちら


⑬ 武蔵境自動車教習所

共尊共栄
精いっぱい伝えよう感謝を
精いっぱい育てよう可能性を
精いっぱい生きよう未来のために

経営理念の紹介ページはこちら


⑭ 税理士法人 報徳事務所

自利利他 報徳一円
人を活かし、お客様を活かし、社会を活かす

経営理念の紹介ページはこちら


⑮ Coaching4U

マインドひとつで、世界を変える。

世界中の人と組織のWell-Being(幸福)を実現し、笑顔溢れる世界を創造する
”いいコーチ”を育成・輩出し続け、世界的なコーチングカルチャーを構築する

経営理念の紹介ページはこちら


⑯ 当社、ライフィングコミット

社是: “いい会社”をつくり、“いい社会”を育て、“いい世界”を創造しましょう

理念: 全社員をはじめとして、人類の幸福と繁栄に貢献する

経営理念の紹介ページはこちら


さらなる理念の研究


さらに多くの企業や組織の多種多様な理念を研究したい方は、以下の書籍が参考になります。日本全国56社のより具体的な理念や目標やビジョンが詳述されています。


坂本光司 著「いい経営理念が会社を変える」


名言集


「理念なきところに経営は成功しない。理念が確立されれば、経営はもう半分成功したようなものだ」

松下幸之助(旧 松下電器、現 パナソニック創業者)


「私はこれまで8,000社を超える企業を調査研究してきたが、経営のやり方である『業績や成長第一主義経営』を高らかに掲げ、実践している企業で、長期にわたり安定的に業績の高い企業など1社もなかった。一方、『人の幸せ第一主義経営』を愚直一途に実践している企業で、長期にわたり業績の低迷している企業などは1社もなかったのである」

坂本光司(経営学者)
藤井正隆 著「いい会社をつくった名経営者の言葉」p15より引用


「企業はもとより、すべての組織体の経営の目的・使命は、その組織に関わるすべての人々の、永遠の幸せの追求・実現である。企業は、企業それ自身のために存在しているのではなく、その企業に関わる人々の幸せづくりや社会の発展のために存在している。このことが、企業を含めたすべての組織の存在のための原理・原則である。業績や勝ち負け、シェアや業界ランキングも重要ではあるが、それは目的である「関係する人々の幸せ」を実現するために重要であるというにすぎない。業績や勝ち負けを重視・大切にする経営と、人を大切にする経営は、真逆を向いている。進むべき道、方向を間違ってはならない。属する組織から、真に大切にされていると実感している人々は、まるでご恩返しのように、属する組織のために報いてくれる。環境や時代がどのように変化しても決して変えてはいけない「あり方」とは、正しい企業経営の実践、お天道様に顔向けのできる経営の実践、つまりその組織の存在目的・使命である経営理念に基づく経営の実践である。しかし多くの企業や組織は、時間がたつに従い、この最も重要な組織存続の原理・原則を忘れ去り、軽視し、やがて関係者の幸せではなく、組織それ自身の保身と存続のために、勝手に走り出す。そして顧客や取引先だけでなく、社員にも見限られ、腐っていく。長期に渡って低迷・停滞している企業や組織の大半の問題点は、外にあるわけではない。ここにこそ問題の本質がある。正しい経営をしない経営者に、神様がご褒美としての利益を、顧客がお礼代としての利益を、くださるはずがないのである」

坂本光司 著「経営者のノート」より引用要約


「コーチング・セッション」受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンラインセッション」も承っております。

詳しくはこちらへ

コーチング・セッション