ゴール設定

【組織向けワーク】社是の明文化

社是(しゃぜ)とは、「会社の経営上の方針や主張」を指します。

「是」という漢字には、「正しい」「道理にかなっている」という意味があります。社是は、「会社の是(正しい)とする主張であり、企業理念をもとにしたより具体的な組織の在りよう、経営上の方針」を示すものです。 

人々や社会や世の中に対して、会社が「どうあるべきか」「どのようにして関わりたいか」「どう見られたいか」「どのようにして役割や使命を果たしたいか」などを表現するものです。会社のあるべき理想像を言葉に表現したものと言えます。


理念に従って、組織のあるべき姿をより明確化・明文化する


① 組織の主張や特徴、組織のあるべき姿や社風とは?


② 組織の文化(企業文化)を簡潔に、もしくは一言で表現すると?


③ 組織の社是を明文化すると?


名言集


「すべての組織に共通する究極の目的は、『人間社会の営みがスムーズに快適に機能し、みんなが幸せに人生を過ごせるように』というものでなければならないはずです。60年余りにわたり、会社経営の経験を重ねてきた末に私がたどり着いた答えは、会社経営もまた、社員の『幸せ』を図りながら、世の中にできる限りの貢献をするために存在するのだということです。(中略)当社の社是は、いろいろな願いを込めて、次のように定めています。『 いい会社をつくりましょう ー たくましく そして やさしく ー 』。(中略)経営理念を明文化することには、さまざまなプラス効果があります。まず、社是がぶれにくくなります。また、社是を社員と共有しやすくなります。そして、経営者がいつも正しい経営の目的をめざして歩み、それを後継者にもしっかりと受け継いでいくことが容易になります」

塚越寛 著「末広がりのいい会社をつくる」p1~3,221より引用

「コーチング・セッション」受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンラインセッション」も承っております。

詳しくはこちらへ

コーチング・セッション