ゴール達成

【上級編】最強の潜在意識書き換え


こちらの記事は、コーチングをある程度学ばれた方、そして、より野心的に”上”を目指されたい方に向けた”上級編”の内容になります。

はじめに


私が日々、お話しさせていただいているコーチングの内容とは、コーチングの創始者であるルータイスがまとめ、残してくれた体系に則ったものです。

一部、ルータイスメソッドには書かれていないオリジナルな手法も織り込んではいますが、ルータイスの体系に矛盾のないように気をつけています。

ルータイスメソッドの場合、人生に大きな変革を起こしたり、ゴール達成するための、効果的なセルフイメージや潜在意識へのアプローチというのは非常にシンプルで、次の3つだけになります。

  1.  ビジュアライゼーション

  2.  アファメーション

  3.  セルフトークのコントロール

これだけになります。


今日のお話は、明らかにそれらから逸脱します。

逸脱はしますが、たまにはそういった内容のお話も刺激があっていいものではないかと思いますし、逸脱とは言っても、ルータイスメソッドの否定では決してなく、アップグレード的な意味合いで読んでいただけたら非常に役立つと思います。

圧倒的な差を見せつける人たち


人間が人生を大きく変えるために最も必要なことは、「マインドを変える」というこの一言に尽きます。

人の人生や身の回りの環境というのは、その人のマインドやセルフイメージの反映、鏡だからです。

ですから、マインドを変えることにさえ成功すれば、人生は勝手に変わります。それは努力というよりは、自然で無理のない”人生の移行”と言った方が正確なように私は思います。

ところで、世界を見まわしてみると、圧倒的な差を見せつけられたり、途方もない勢いとスピードで先に進んでいく人たちを、稀に見かけます。

あなたは、その人たちが、本当にアファメーションやビジュアライゼーション、セルフトークのコントロールだけで、あれだけの成功を収め、その原動力やモチベーションの元となる生命エネルギーが湧いてきていると、心から確信することができるでしょうか。

「ちょっとおかしいな、さすがに差がありすぎだろう」と考えるのが自然というか、真っ当な判断ではないでしょうか。


話の流れからしてご想像のとおりですが、その圧倒的な差が生まれてしまう秘密というのは、もちろんあります。

ただ、彼らとて、私たちと比較して、脳や潜在意識やマインドのカラクリに大きな違いがあるわけではありません。

先に挙げたマインド変革の3つの基本、「ビジュアライゼーション」「アファメーション」「セルフトークのコントロール」の重要性に変わりはありません。

加えて、”プラスアルファ”に秘密があるということです。そしてその秘密というのは、それぞれの流派や手法の秘伝ということになります。

誰しも、圧倒的な差を生み出す者は、心の中に密かに、その秘伝忍術みたいな奥義があるものです。ただ、言わないだけです。


参考になりますかどうか、一例として、私が今まで身内やごく親しい人を除いて、まだ誰にも言ったことのないマインド変革の秘密を、このブログでだけこっそりと明かします。

私自身のこのあたりの勘所というのは、正直に言うと、ルータイスメソッドによって、アファメーションやマインドの上手な使い方は愚直に実践して、それらを十分に駆使し、スコトーマを外して見えてきた新しい世界を積極的に自らに取り入れる。

その先に到達した吟味し尽くされた数多くの特殊な技や秘術秘伝を多用し、自分自身のマインド変革と潜在能力の覚醒に役立てています。


ところで、私の周りには、「この人は真の天才だ」とか、「この人はすごい、凄すぎる」という人が何人かいますが、彼らと親しくなって、よくよく話を聞いてみると、やはり使っている技術のレベルが半端ない。

コーチングでクライアントさんが圧倒的な結果を出してしまう、そんなコーチの中には、陰陽師の秘術である「式神(しきがみ)」を使う人さえいます。

式神とは簡単に言うと、「指示や命令通りに、自分の代わりに動いたり働いてくれる情報的存在、霊的存在」のことです。広い意味では、気功や召喚魔術の範疇です。いわば、”情報的秘書”とか”非常に有能で忠実な情報的社員”といったところでしょう。

世の中には、色んなタイプの人がいるものだな~と思います。


カイロプラクティックとは?!


さて、私自身の場合はというと、「カイロプラクティック」がその秘密のひとつです。カイロプラクティックとは、背骨を中心とした骨格の矯正、施術を行う整体技法のことです。

背骨が歪むことこそが、脳と各組織・臓器・器官を結ぶ脳神経の信号伝達を阻害し、免疫や自己治癒力をはじめとした全身体能力・パフォーマンスに直接的に悪影響を及ぼすという考え方、概念を基本にもつ治療法です。

皆さんの周りに、なぜか記憶力や頭の回転がぶっちぎりにいい人っていませんか。アファメーションやセルフトークのコントロールを特に実践しているというわけでもないのに、、。

おそらく、その人たちは、ほぼ例外なく、ある部分の”状態がいい”のです。


その正体は、意外かもしれませんが、”姿勢”です。

中でも特に、姿勢が正しいことによる、首の一番上の骨となる「第一頸椎」の状態が非常によい。ねじれや歪みが一般の人たちに比べて極端に少ないのです。

第一頸椎(だいいちけいつい)とは、首の骨の一番上、頭蓋骨のすぐ下にある骨のことです。

色のついた部分が「第一頸椎」
使用アプリ: Atlas
色のついた部分が「第一頸椎」
使用アプリ: Atlas


私にはカイロプラクティックの神さまみたいな師匠がいて、師が断言します。

「最後にアプローチするところは、第一頸椎しかない」

第一頸椎がねじれたり、歪んだり、ズレていると、脳の神経伝達が阻害され、全身体パフォーマンスが極端に低下します。

なぜなら、最も脳に近く、最も狭い神経各種の通り道が、第一頸椎の内側だからです。

より正確に言えば、脳と全身をつなぐ背骨の中心を通った脊髄神経は、脊髄神経を満たし酸素や栄養を供給する「脳脊髄液」の適切な循環によって、その機能が維持されています。

生命維持や脊髄神経の要は、脳脊髄液だということです。脳脊髄液はいわば、命の水です。

そして、第一頸椎が歪んでいると、脳脊髄液の循環が著しく低下します。


師はさらに続けます。

「第一頸椎が歪んでいると、どうにもならない。神経伝達が阻害され、脳脊髄液の循環が滞る。私は、脳脊髄液の中にこそ、魂が宿っていると考えている」

私はこの話をはじめて聞いたとき、衝撃を受け、これこそ本当に大切な本物の知識だと直感しました。脳科学者の中にも、「魂は脳幹に宿っている」と説く人たちがいます。

ヨガとカイロプラクティックの共通点


いきなりヨガの話になりますが、じつは、ヨガやバラモン教が目標とする解脱の階梯には、「クンダリーニ覚醒」と言って、背骨の中に眠るチャクラ(身体のエネルギースポット)の覚醒と解放を目指す体系が存在します。

解脱(げだつ)とは、この世のありとあらゆる欲や悩み、迷いや苦難から逃れ、心を解放し、現世での悟りを拓(ひら)くこと。

階梯(かいてい)とは、学びを深め、その段階や階段を上がる順序のこと。

日本でよく知られているヨガとはイメージがだいぶ違うと思いますが、本来のヨガとは、悟りを拓くため、脳を最大限に活性化、覚醒することを目指すインド発祥・固有の秘伝、秘法のことです。

そしてヨガには、3つの段階があります。

ヨガの3つの階梯
  1.  ハタ・ヨガ

     身体や背骨の歪みを取り、筋肉と骨格のバランスを整える身体的ヨガ

  2.  クンダリーニ・ヨガ

     背骨に秘められたチャクラを覚醒するエネルギー・ヨガ

  3.  ラージャ・ヨガ

     瞑想のヨガ、ラージャは”王者”の意

どうしてここでいきなり、”ヨガ”の話を持ち出してきたのかというと、私としては、ヨガの本質と、カイロプラクティックの真髄は、きわめて近しい関係にあるということをお伝えしたいのです。

ヨガもカイロプラクティックも、両者とも背骨や骨格のバランスにアプローチしている点です。

筋肉や骨格のバランス、そして背骨の状態とは、人体の健康と潜在能力の覚醒において、最も基礎にあたる部分であるということが、両者から見て取れます。

背骨の宿命と隠された秘密


人はなぜ、第一頸椎をはじめ、骨格や身体が歪むのかというと、「地球上には重力が存在するから」なのです。

重力の働く地上で活動をし、日常生活を営むということは、身体の各所に必ず重力や重みが働きますから、それによって、どうしても身体のどこかしらに歪みやアンバランスが生じてしまいます。

右利き・左利きというだけでも、身体に歪みは生じるのです。

したがって、私たちが歪みから完全・完璧に解放されるということはあり得ません。生きているだけで、歪むのです。

しかし、前述したとおり、身体の歪みは、心身身体のパフォーマンスに著しく悪影響を与えます。

このような状況の中で、身体の歪みによる弊害をなるべく矯正し、少なくし、改善していく方法がこの世の中には色々とあって、ヨガであったり、カイロプラクティックであったり、他にも古武術や気功法などがあります。


余談ですが、引き寄せの法則で有名な”シークレット”に賢人として紹介されている「ジョン・ディマティーニ博士」ですが、彼は、信じられないほどの天才性と多才性を発揮している稀有の講演家・哲学者・自己啓発の権威です。

Dr. ジョン・ディマティーニ


あまり知られていないことなのですが、その博士が、元々何の専門家であるのかというと、じつはカイロプラクティックなのです。

若いうちから背骨の秘密に気づき、能力を開発・開花させていたのだと思います。


背骨や第一頸椎は、年齢とともに歪む幅が大きくなる可能性が高まります。地球上の重力の影響と束縛に、長い時間さらされているからです。

ですから、確率的に言って、年齢とともにIQや身体パフォーマンスが低下することは、私たちが地球人類である以上、やむを得ないところがあります。

私のカイロの師は、50才過ぎの方なのですが、間近で見ていて信じられないほどのIQと知識量、多才性と天才性の持ち主、それでいて人格がものすごく高く、精神が安定しています。

その秘密とは、カイロプラクティックによる「ある種のクンダリーニ覚醒」が起きているのです。

「クンダリーニ覚醒」に関する書籍

成瀬雅春 著「クンダリニーヨーガ」


もう一つ余談をつけ加えると、先日、私の家に遊びに東大の博士課程の学生さんがいらしてくれたのですが、背骨の状態を診させてもらうと、第一頸椎の歪みが一般の人々に比べて極端に小さいことを確認しました。

このことをカイロプラクティックの師に伝えると、「東大生はみんな、姿勢がいいね。駒場あたりを歩いていると、みんな姿勢がいいんだよね」と言います。

さすがの洞察と言わざるを得ません。

最強の潜在意識書換法


さてさて、ずいぶんと長い話をしましたが、ブログのタイトルにある「最強の潜在意識の書き換え法」についても話さなければなりません。

ルータイスメソッドではないので、ご注意を。。

結局、潜在意識を強力に書き換えることができれば、マインドは変わり、強烈な人生の変革が後押しされます。

私の知る限り、わりと公にあるもので、最も強力な潜在意識へのアプローチ法とは、「ポーズ」です。


No.1ポーズ
No.1ポーズ


この指使い、どこかで見た記憶がありませんか。

特にオリンピック選手やスポーツアスリートたちがやっているものです。もしくは、優秀なコーチのついている超一流ビジネスマンかもしれません。

これは何かというと、「1番」とか「世界最強」「世界最高」を表す非言語アファメーションなのです。

ポイントというか、脳に関する法則は以下のようなものです。

脳の法則
  1.  脳は、思ったことよりも、言ったことや口に出したことを信用する

  2.  脳は、言ったことや口に出したことよりも、表情や行動を信用する

この法則から導き出されることは、つまり、こういうことです。

最強の潜在意識の書き換え
  •  最強の潜在意識へのアプローチとは、”声に出した言葉”です。世によく知られる「アファメーション」であるということです。


  •  そしてさらに最強なのは、”行動が伴う”非言語的なアファメーションの効果を持つ「ポーズ」だということです。

オリンピック選手などは、「No.1ポーズ」をとりながら、「私は○○の世界No.1」などと声に出して唱えているのです。

彼らの強いマインドの秘密とは、このポーズだったのです。

参考文献: 西田文郎 著「強運の法則」



ちなみに、この脳の法則については、過去に一度だけ詳しいメカニズムをブログに書いています。

その他の関連記事:

「コーチング・セッション」お申込み受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

詳細はこちら

ブログの更新をLINEでお知らせ

こちらのLINE配信では、あなたの”幸福”と”繁栄”を追求するために本当に役立つ知識とマインドの使い方をお届けしています。

以下の「友達追加ボタン」を押して、LINE登録してみてください。

LINEで友達追加