お金・金運・資産

【上級編】真の投資家になるには?

投資家の真の役割とは?!


成功し、豊かになった暁(あかつき)には、与えられた資本を適切に管理し、役立たせなければなりません。

お金や資本は、ただ貯め込むだけでは宝の持ち腐れ。それ自体に意味や価値はなく、世のため人のために役立たせてこそ、初めて価値を生じるのです。

お金の意志
  •  お金が最も喜ぶことは、人に「ありがとう」と言われる使い方

  •  お金が最も嫌うことは、ギャンブル


真の投資家とは、「社会貢献」以外の何者でもありません。

豊かさを自らに与えてくれた人と社会と天に感謝し、そして次に、それらに対し貢献という名の恩返しをすべきです。

持ち得る資本・資産を、”無理なく無駄なく確実に”運用し、人々や社会に役立たせ、その“おこぼれ”をわが身の利益とします。

利益の一部はご褒美として、自分と家族や周りの人たちの豊かさへと使い、残りのすべては再投資をして、さらに多くの人と社会に役立つようにします。

そうして経済を回し、雇用を生み出し、社会を活性化させるのです。お金とは、“循環”がその本質です。


投資家に限らず、企業家や経営者にも言えることですが、利益をすべて自らの私利私欲に使い込む者は、必ず天に見限られ、やがて持ち得る資本・資産のすべてを天に取り上げられてしまいます。

真の投資家・経世家・企業家とは、「お金とは、人様の“幸福”と“繁栄”のためにある」ということを心から理解し、納得して、それを行動に移せる人のことを言います。

お金は、決して目的にしてはいけないものです。お金を含めて、この世に存在するすべての事象・存在の目的とは“幸福”であって、そのための手段の一つがお金なのです。

周りを見渡すと、おかしな考え方、やり方、不幸や不信感、狂った価値観と世界観が幾多天田に存在しますが、それらすべては、目的と手段の履き違えにこそ、その根本原因があります。

目的を“人様の幸福”に捉えなおし、その視点に立って投資家としての理念や目標、企業家・事業家としての理念や目標を掲げることができれば、すべて“こと”はうまく運ぶようになります。

最もキーワードとなるであろう言葉とは、“貢献”の2文字であろうかと思います。投資家とは、“感謝の見える人”であり、“貢献家”となるべきです。

今の経営常識からいうと、株主価値を高めるのが経営の目的だと言われていますが、そうではありません。社員が本当に幸せになってくれること以外には目的はありません。みんなが本当にがんばって幸せになってくれれば、当然業績も上がるし、その結果は株主価値にも反映していくわけですから。

稲盛和夫(実業家、京セラ創業者)

企業はもとより、すべての組織体の経営の目的・使命は、その組織に関わるすべての人々の、永遠の幸せの追求・実現である。企業は、企業それ自身のために存在しているのではなく、その企業に関わる人々の幸せづくりや社会の発展のために存在している。このことが、企業を含めたすべての組織の存在のための原理・原則である。

しかし多くの企業や組織は、時間がたつに従い、この最も重要な組織存続の原理・原則を忘れ去り、軽視し、やがて関係者の幸せではなく、組織それ自身の保身と存続のために、勝手に走り出す。そして顧客や取引先だけでなく、社員にも見限られ、腐っていく。

長期に渡って低迷・停滞している企業や組織の大半の問題点は、外にあるわけではない。ここにこそ問題の本質がある。

坂本光司 著「経営者のノート」より引用要約

投資家のあるべき視点

投資家の備えるべき”目”


投資家は、”感謝が見える”べきなのですが、具体的に言うと、「組織や企業とは、本当に多くの人たちの努力と貢献によって成り立っている」ということです。

世間一般にいう企業のもっぱらの指標や評価はというと、株価、利益、成長率、資産状況などでしょう。ですから、「業績第一主義」「成長第一主義」「株価第一主義」という言葉が幅を利かせます。

しかし、これらの指標・評価は、重要なものではありますが、それらが目的になったり、第一に掲げられてしまうと、その他のものは必ず犠牲になり、後回しになります。

その筆頭が、企業の”社員の幸福”です。彼らの給料、福利厚生、社内環境、健康状態、精神的余裕などがそれに当たります。


企業を動かすのは、まぎれもなく、企業の社員です。そして、その社員の心を支えてくれているのは、社員の家族です。

世の中の多くの投資家が、果たして、このような視点を本当に正しく持っているのでしょうか。

「利回りがどうのこうの」「株価がどうのこうの」「成長率がどうのこうの」と、うるさく言う人がいますが、お金や利益や株価をあまりに重視しすぎ、そればかりを追い求めると、そのしわ寄せは間違いなく、社員をはじめ、企業に関わる人間すべての幸福の享受に波及、悪影響を及ぼしてしまいます。

そうした事態に陥らないためにはバランス感覚が本当に重要で、企業とはどのようにしてまわり、企業という存在を構成しているのか、その実態と真実を正しく把握することが、投資家にとって必要不可欠です。

この感覚と視点こそが、投資家にとって重要な”感謝が見える”ということだと思うのです。

投資家の持つべき感謝
  1.  企業を支える経営者、幹部、社員と、その家族の方々に感謝をする

  2.  企業に貢献してくれる協力企業、取引先企業、その社員とその家族に感謝をする

  3.  企業を繁栄に導いてくれる顧客、ファンやお客様に感謝をする

  4.  企業の活動の幅を拡げてくれる地域社会や自然環境、地域住民に感謝をする

  5.  企業の存在、その役割や機会を与え、陰ながら支えてくれる縁の下の力持ち、自分以外の他の投資家の方々、出資者や株主に感謝をする

投資家の”六方拝”


こうした視点に立ったとき、投資家とは、本当に「株価がどうの」「利回りがどうの」と、うるさく言うべき存在なのでしょうか。

はなはだ疑問です。

しっかりと、企業の本来の目的や、企業が存在・存続するために必要な多くの人たちの努力と貢献、そして、企業に関わるすべての人たちの幸福を、温かい心で見守ることが、投資家に最も必要な”目”と度量であろうかと思います。

六方拝アファメーション
  1.  私は、(投資先)企業を支えてくれる社員とその家族に感謝し、貢献します

  2.  私は、(投資先)企業に貢献してくれる協力(取引先)企業、社員とその家族に感謝し、貢献します

  3.  私は、(投資先)企業を繁栄してくれるファンやお客様に感謝し、貢献します

  4.  私は、(投資先)企業の活躍の場を拡げてくれる地域社会や自然環境、地域住民に感謝し、貢献します

  5.  私は、(投資先)企業に役割と機会を与えてくれる、私以外の他の出資者や株主に感謝し、貢献します

  6.  私は、(投資の)機会を自らに与え、人と社会を豊かにしてくれる資本とお金に感謝し、貢献します

投資の勘所

多くの場合、成功した投資家は自分が状況を理解できない時は何もしない。彼らはただ座って窓の外を見て待っている。そして自分が良いと思える投資対象を見つけて、それがうまくいくと確信できるまで待ってから、投資する。

そしていったん投資すれば、その価値が上がるまでじっと待つだけでいい。あなた自身がそれをいつ売るべきか分かっているはずだ。自分がその分野に詳しければ、何かが変化し、状況がよくなったり悪くなったりすると、すぐに分かる。誰かに薦められて何も考えずに投資すると、その商品がどういうものなのか、そもそもなぜ買ったのかさえも分からないので、頭を抱えることになる。

投資に関する最も重要な教訓は、みんなが大失敗している時に、あなたが知っている何かに投資すれば、その後、投資した商品の価値は大幅に上がるケースが多いことだ。

ほぼすべての人が失敗しているとき、賢い投資家は上手に立ち回っている。誰もが悲観的になって「もうダメだ」と言っている時に、チャンスを見つけて投資しておけば、回復した時に得られるリターンは大きい。だから、自分自身がよく知っている分野に投資するというルールを守るべきだ。そうすれば、あなたは多くのお金を稼ぐことができる可能性が高い。

もちろん投資する前には、きちんとしたリサーチを実行する必要がある。あなたが成功したいなら、情報収集のためにかける労苦を惜しむべきではない。もしあなたが投資すべきものが見つからないと思うなら、銀行にお金を預けて、投資するタイミングを待つべきだ。

ジム・ロジャーズ 著「危機の時代 伝説の投資家が語る経済とマネーの未来」

「コーチング・セッション」お申込み受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

詳細はこちら

ブログの更新をLINEでお知らせ

こちらのLINE配信では、あなたの”幸福”と”繁栄”を追求するために本当に役立つ知識とマインドの使い方をお届けしています。

以下の「友達追加ボタン」を押して、LINE登録してみてください。

LINEで友達追加