ライフィングコミット LINE公式アカウント
生活・環境

【正月特号】誰でもできる最も簡単・確実な風水鑑定法

誰でもできる最も簡単・確実な「風水鑑定法」を伝授します。

新年のごあいさつ

① まずはじめに


2021年、新年あけましておめでとうございます。どうぞ今年も「ライフィングコミット」をよろしくお願い申し上げます。

2021年最初の記事は何を書こうかと少し悩みました。

ふと思い立って、去年の3月にこのワードプレスサイトを立ち上げました。私は、ネットに関してはそれほど詳しいわけではないのと、ワードプレスというシステムに初めて取り組んだので、随分と記事を純粋に書くこと以外に時間を取られました。

単に文字を打ち込む以外にも、ワードプレスそのものに対する使い方の勉強や、SEO対策とかプラグイン調べでも結構な労力と時間が必要でした。

まさかブログを書いて運用するのに、こんなにも色んな知識と要素がいるとは、最初は見当もつきませんでした。何度も面を食らいました。

ただ、色々とジッタンバッタンはしたものの、1年近く続けると、さすがに慣れてきますね。操作方法やSEOに悩むこともほとんどなくなりました。何事も、一番最初が大変ですね。

何度か心が折れました(笑)

② 継続は力なり


私は心が折れたとき、折れそうになった時に、必ず思い出す言葉があります。

「立ち止まらなければ、あなたはどんなにゆっくり進んでも、問題ではない。どこに行っても、心を尽くして行動しなさい。我々にとって一番の栄光とは、決して倒れないことではない。倒れるたびに起き上がることだ」

孔子(中国の思想家、哲学者)


継続は大切ですね。たとえ少しずつでも積み重ねると、それがある程度の期間が経ったとき、ものすごく大きな力になっていきます。何事もそうだと思います。

1.01の365乗は、約38倍
0.99の365乗は、約0.03倍

その日たった一日、たかだか1%の成長しかしなくても、それが1年365日続くと、38倍になります。

何もせず、その日たったの1%でも何かを失えば、それが365日続くと、3%にまで落ち込んでしまいます。

私は、挫折しそうになったとき、このことばかりを考えます。たかだかブログを書くくらいのことで大げさなと思う方もいるかもしれませんが、こんなことを考えながら、私はこの1年近くを過ごしてきました。

そして、このサイトも随分と内容が多方面にわたって充実してきました。

「継続は力なり」なんていう言葉は、どこでも誰でも知っている地味でありきたりな言葉ですが、この言葉が私にとっては最高の救いであり、また、セルフトークでもあったわけです。

③ 言霊の力


私のブログを普段からお読みくださる方々にとっては、「セルフトーク」の話は耳にタコができるほど、よくご存じのことと思います。

言葉は、本当に人を強くもするし、また翻弄もします。日々の言葉が、その人の人生と人格を形成・創造します。

何度マインドの基礎や人生に立ち返ってみても、この「言霊」の威力は、何度強調しても強調しすぎることはないと真摯に感じます。

私ももう40才になってしまいましたが、私事が自分より若い人たちに一番に伝えたいことがあるとしたら、「言葉は大切に」の一言に尽きます。

言葉云々で、見えるものも変わるし、人生も変わるし、能力も変わるし、成果や運勢も変わります。すべての根源に言葉があります。これは永遠不変・不滅の真理です。

はじめに言葉があった
言葉は神と共にあった
言葉は神であった
この言葉ははじめに神と共にあった
すべてのものはこれによってできた
できたもののうち一つとしてこれによらないものはなかった
この言葉に命があった

新約聖書 ヨハネの福音書 冒頭

「自分と話すときには、つねに現状の世界がどうなっているかを自分自身に告げています。認識し経験したことを解釈し、思考を通して頭の中にイメージをつくり上げます。その中にはセルフイメージも含まれます。自分自身の思考と言葉で、自分のための環境と限界と基準をつくり出しています」

ルー・タイス(コーチングの創始者)

「言葉には人生を左右する力があるんです。この自覚こそが人生を勝利に導く最良の武器なんですよ。絶対に消極的な言葉は使わないこと。否定的な言葉は口から出さないこと。悲観的な言葉なんか、断然もう自分の言葉の中にはないんだと考えるぐらいの厳格さを持っていなければダメなんですよ。運命だって、心の力が勝れば、運命は心の支配下になるんです」

中村天風(思想家)

④ 今年の抱負


去年まで、このブログサイトの内容は概ね、基本と理論が中心になっていました。基本を先にちゃんと書いておかないと、実践や応用が利きません。

仏教でいうところの、顕教(けんぎょう)にあたります。

  •  「顕教」とは、公にされ、教え伝えられる教科書的な内容のこと

  •  「密教」とは、顕教ののち、秘密裏に口伝で伝えられる奥義伝承のこと

そろそろ、このブログサイトの内容も密教レベルに入っていこうと思います。

今までこのブログに長くお付き合いいただいた方、お待たせしました。これからがいよいよ本番です。私も本領を発揮しようと思います。じゃんじゃん奥義を書いていこうと思ってます。ところどころによっては、呪術にも踏み込む予定です。

密教は口伝ですから、ブログで伝えるのを密教とは言いませんが、ブログサイトですから致し方ありません。そこはご愛敬ということで大目にご容赦ください。ただ、レベル的には密教クラスをお伝えしてまいります。

遠慮せず書かせていただきますので、私も今年に入って晴れ晴れとした気分でおります。


さて、東京近郊にお住まいの方、東京に行かれる予定の方、東京に知人のいる方などは、これをやっておいた方がいいですよ~。まだ「節分」にまで間に合います。

さらっとパワースポットなどというありきたりな言葉の括(くく)りで書いてはいますが、これは非常に威力とご利益があります!!

風水入門

風水とは?


さてさて、今日の本題に入ります。今日は「風水」です。

風水を信じない方や侮っている方は、そろそろ、そのマインドを卒業しましょう。風水は基本です。天皇家も、数多の大金持ちや成功者たちも、天下の大企業やブランド勢でさえ、密かにみんなやっています。ただ、言わないだけなのです。

風水とは、環境の科学であり、マインドに対する非言語的なアファメーションであり、運気やセルフイメージの根源です。

あなたがこのブログサイトにお越しということは、あなたは、自分の脳に対して「自分はバカだ」と語りかけることの愚かさと弊害、恐ろしさに気づいているはずです。

しかし、潜在意識に威力を発揮するのは言語だけではありません。極端な例をひとつ挙げると、自分の部屋が汚かったら、それは自分の脳に対して「私は汚い部屋の住人だ」というアファメーションをしていることになります。

ですから、汚部屋の住人は、運気が低く、セルフイメージも低下し、人生が冴えないのです。

関連記事:

3つの簡易風水鑑定法


今日は3つの風水エッセンスをお伝えします。

  1.  地相
  2.  間取り
  3.  床面積

※ 今日は「龍脈」「龍穴」には立ち入りません。これらを学びたい方はこちら

① 地相


地相とは、文字通り地の理です。要は、場所によって運気が前後してしまうわけです。理想はもちろんのこと、風水に精通している人にきちんと観てもらうことです。

ですが、これがなかなか難しいように思います。占術に加えて、陰陽道や自然哲学や科学、物理学にも精通し理解し、オカルト占いなどではなく、正しくこの世の理や真理を熟知し、風水を探求する者はそう多くはないからです。いい風水師になかなか出会えないのです。

この場合、何を拠り所にすればいいのかが問題となってきます。

地相において、誰でもできる最も簡単・確実な鑑定法とは、「周りを見よ」です。

つまり、「地相の悪い土地は繁栄していない」という事実です。繁栄する場所には必ず、いい気に恵まれているものです。


例をひとつ挙げましょう。

東京に「大森」という場所があります。あの辺でビジネスの大成功とか大いなる繁栄を築くのは、特殊な呪術とか結界術でも使わないかぎり相当に難しくなります。

それはなぜか?

江戸時代に「鈴ヶ森の処刑場」があった場所だからです。今でもその痕跡と跡地が残っています。

当時の処刑された人々のネガティブな残留思念が土地と情報場に残り、そこにいる人々のマインドを狂わせ、邪気や憑依(ひょうい)、ネガティブな感情に見舞われます。

私の師の話によると、「ここは、よほど大きな水晶でも置いて守らないと、何をやっても無駄だし無理だよ」と言います。


逆に言うと、まわりを見れば、その土地の気や地相は容易に判断がつきます。いい気の流れている場所、地相に恵まれている大地、繁栄できる土地を探すには、そこに住んだり営んでいる人を観察すればいいのです。

運気のいい人の近くに行けばいいというだけの話なのです。これを「波動干渉」といいます。

② 間取り


続いて、家や部屋の「間取り」についてです。間取りも人のマインドに大いなる影響を与えます。これも素人が簡単に学びきれるものではないほど膨大で深遠な世界が存在します。時期と季節と時間によっても、その意味合いは刻々と変化します。

ですが、だからといって絶望する必要はありません。我々が持つ最も偉大で力のあるマインド構築法とは、やはり「セルフトーク」だからです。多少の間取りが悪いくらいは、セルフトークで容易に跳ね返すことができます。

加えて、「掃除」を丁寧にすることです。神道の基本です。家や職場などにおいて最強の開運法とは、身の回りがきれいであること、すなわち「掃除」と「磨き」をきちんと実践することです。

「掃除とは神ごと」なのです。


この前提に立って、間取りで最も大切なことは、間取り全体の形です。理想的模範はピラミッド、「正方形(か長方形)」になります。

間取りのどこかに「大きな欠け」が存在すると、運気が極端に低下します。方位とその役割にアンバランスが生じるからです。

特に、北西に大きな欠けがあると、金運を失うようです。もしくは、北東も健康面や運気全体に影響が及ぶようです。

ついで話になりますが、「皇居の敷地の北東が欠けている」のをご存じでしょうか?

北東(鬼門)にわざと欠けを作って、日本全体の邪気を吸い取るのが目的です。これはほんの一部の話ですが、天皇家はこのようにして、日本全体を結界や呪術によって守っている役割を担います。

③ 床面積


最後は「床面積」に関する話題です。これはものすごくシンプルな法則です。

家の床面積が広ければ広いほど、運気やセルフイメージは高まるのです。

メカニズムは主に2つあります。

  1.  「床面積が広い」

    =「空間に余裕が生じ、マインドにも余裕が生まれ、気分や感情やセルフトークがより肯定的になる」


  2.  「床面積が広い」=「モノが少ない」

    ⇒「ほこりや汚れが溜まりにくい」

    ⇒「きれい・清潔」

    ⇒「気分や感情やセルフトークがより肯定的になる」

上記を見れば、そりゃそうだと納得できるのではないでしょうか。

ちなみに、「床面積」に関する記述はこちらにもあります。


2021年、今年も「ライフィングコミット」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様にとって、より幸運で幸福が舞い降りてくる素晴らしい一年となりますように!!

「コーチング・セッション」 受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

お申込はこちら