ライフィングコミット LINE公式アカウント
生活・環境

ゴール達成に向けた心の整理と環境の整理

ゴール達成に最も大切なこと


心を整理しておくことはとても重要です。誰でもちょっと感を働かせれば、それが重要なことはなんとなく想像がつくと思います。

ただ、そのカラクリというか目的、メカニズムを知ると、より重要性が増して、心の整理のモチベーションがより高まることでしょう。


何か目標やゴールを設定したときに、まずはその世界に徹底的にコミットする、集中することがゴール達成の第一歩となります。

それがないと、ゴールがかなうことは決してありません。それはコーチングの創始者「ルータイスの方程式」によって示されています。

ルータイスの方程式

I(Image)× V(Vividness)= R(Reality)

イメージに鮮明さが伴うと、リアリティになる

鮮明で明確なイメージの描写が、脳内のリアリティをつくり、また、人間は脳内に蓄積されたリアリティに従って判断し、また行動します。

つまり、ゴールの世界を強くリアルに感じると、ゴールの世界が現実になるということです。

ゴールに集中するとは、どういうことかというと、「ゴールの世界をありありとリアルに、まるでゴールをすでに達成しているかのように脳が感じている状態」を指します。

目標や自分のあるべきセルフイメージを明確にすることで、結果のイメージがより鮮明に頭の中に描かれます。そのイメージは、それが喚起する感情とともに、それがすでに達成されたことであるかのように目標を潜在意識に刷り込むことができます。

こういったプロセスによって、マインドは自動的に、本気でゴールを達成しようとしてくれるのです。


このプロセスを「本能的に現状維持を好むマインドや潜在意識を、現状からより建設的でより肯定的な状態、ゴールの世界へとシフトさせるアプローチ」と捉えると、じつは、別の側面としての、よりゴールを達成しやすいマインドを築く別のアプローチも見えてきます。

マインドにおいて、脳内のリアリティを現状からゴール側の世界へとシフトさせることが好ましいのであれば、「日常図らずも湧いてきてしまう(ゴールに対して)否定的な思考や感情を、よりなくしていくアプローチ」も非常に有意義であることは、納得できると思います。

単純に、心のお掃除と考えると分かりやすいかもしれません。ゴールに不要・不適切な思考と感情をなるべくゼロに近づけたいというだけのことです。

それが本当の意味での「マインドのクリアリング」、ゴールに集中するということです。

環境とマインド浄化


前置きが長くなりましたが、心のお掃除というか、マインドを浄化するための方法について、お話していきましょう。

結論から先に言うと、「身の回りの不要なモノ、使わなくなった家具や着ない服、読まない本などは徹底して捨てましょう」ということです。

身の回りの環境というのは、直接的にマインドに影響を及ぼします。

極端な例ですが、家の中がゴミだらけで、清々しいマインドを築くことなどできるでしょうか?

明らかなように、「環境=マインドの状態」となるのです。

ですから、身の回りが散らかっていたり、モノが多いと、心の状態も思考の交通渋滞というか、純粋な思考のリソースを奪われてしまいます。モノの量が思考の密度を奪うわけです。

逆に言い換えると、身の回りの「モノの少なさ」こそが、マインドを肯定的な集中しやすい状態にしてくれるのです。


気の流れというのは、滞ることが最も運気を下げてしまうような言われ方をすることがありますが、マインドの観点から見ても、理にかなっています。

モノが少なくて気が滞りなくよく通う空間、空間の余裕というか拡がり具合が十分にあると、気持ちがよく、清々しくて精神的な余裕を感じますが、同時にマインドの余裕、心のスペースをつくります。

警察官が犯罪者の家を家宅捜索すると、家が大変なことになっているそうです。モノが非常に多く雑多で、中でもトイレの状態というのは相当にひどいそうです。


この話は運気の話やトイレ掃除の話とつながっています。

トイレを掃除すると臨時収入が後になって必ず入ってくるという話を聞いたことがないでしょうか?

これは私は事実だと思っています。

というより、トイレ掃除をすると、最も汚れやすいトイレをきれいにするわけですから、環境が劇的に変わり、目に入る情報やセルフイメージは高まり、それによって運気が高まると考えれば得心がいきます。

ですから、トイレ掃除というのは金運のみを高めるのではなく、運気全般を高めます。肯定的なマインドが築かれ、潜在意識が活性化し、その人が求めるものをより引き寄せやすい意識状態にするのです。

こうしたプロセスによって運気が高まるというのが実際のところのマインドの働きでしょう。

どんなに願いを強く思い、アファメーションやビジュアライゼーションを熱心に行っても、家の中がモノが多くて散らかっていたり、トイレがひどい状態に汚れていると、環境は直接的にマインドに影響を及ぼしますから、セルフイメージが一向に上がらず、低下してしまいます。

これでは、マインドはゴールに対して集中しにくい思考停止状態に陥っていますから、環境が肯定的なマインドとゴール達成への足かせとなります。

環境の整理は心の整理となり、したがって思考や感情の整理、ゴール達成しやすいマインドへとつながっていくプロセスが見えてきたのではないでしょうか?

ライフィングコミット 杉本

不要で雑多なモノを手放すほどにマインドはクリアになり、セルフイメージは高まり、人や出会いも、情報もお金も、健康や何もかもが入ってくるようになります。

生活はよりアクティブになり、アクセスできる情報や世界のステージはより高まり、人生がさらなる加速をしていくことができます。

空白の法則

新しい何かを手に入れるためには、それが入ってくる空白のスペースを先に作らないと、決して入ってこない。

また、新しいアイデアを求めるなら、古い考えや価値観を捨てなければならない。

「コーチング・セッション」 受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

お申込はこちら