アファメーション

お金に愛される最強アファメーションとは?例文付きで解説

こんにちは!!
ライフィングコミットの杉本浩章(Twitter:@lifingcommit)です。

この記事では、お金に愛されるアファメーションについて、例文を交えて解説していきます。より正確に言うと、「お金に愛される人生とマインドを築くためのアファメーション」と言うことができるでしょう。

ステップ1: お金に感謝をする

① 金持ちマインドと貧乏マインド

潜在意識がお金を望んでいると、マインドはどんどんお金を引き寄せる方向に自動的に働きます。よりお金を稼ぐ方法を見出したり、無駄遣いをやめる方向に目線が向いたり、貯金が楽しくなったり、投資に興味を持ち始めたりします。

簡単に言うと、どんどんお金持ちになっていきます。潜在意識がお金を肯定的に捉えてさえいれば、お金持ちになるしかありません。

他方、潜在意識がお金を否定的に捉えていると、どんどん貧しくなります。面白いように貧乏に向かっていってしまうのです。ゾッとするような話ですが、マインドの働きや脳科学の見地に立ってみると真実なのです。

マタイ効果などは、その典型例と言えるでしょう。

マタイ効果

マタイ効果とは、「富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなる」という法則。

成功者・富裕層の特徴として、成功してどんどん豊かになっていくが、そうでない人はさらに貧しくなったり、チャンスを奪われるなどして、富の二極化がどんどん進行していってしまう経済的な格差現象のことをいいます。

科学社会学者の「ロバート・K・マートン(1910~2003)」が、新約聖書の記述をもとに「マタイ効果」と名付けて提唱したものです。

「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」

新約聖書 マタイによるの福音書 第13章12節

ここから分かることは、2000年近くも前から、富の二極化は起こり、必然的なものとして予言されていたということです。

これはマインドのカラクリから考えると、きわめて的を得た結論です。

  1.  お金のある人は、お金を好きになるから、潜在意識がお金を肯定し、お金を引き寄せるマインドをより育もうとする。結果として、より金持ちになっていく


  2.  お金のない人は、お金に対してネガティブな感情を抱くから、潜在意識がお金を否定し、お金を遠ざけるマインドをさらに育もうとする。結果として、より貧しくなっていく

② 感謝と肯定マインド

この世で、マインドを最も肯定的にする方法(感情)はというと、「愛」と「感謝」と言えるでしょう。

人間は、感謝をした対象に脳や潜在意識が肯定的な感情を抱き、感謝した対象をより多く引き寄せる方向に判断したり、行動をとります。

ですから、お金に感謝をすると、お金持ちになります。これがこの世の普遍的真理であり、お金の絶対法則なのです。

感謝と拡張の法則

感謝には、感謝を向けたその対象を増やしたり、拡張しようとする力があります。

この世界には、「意識をしたり、集中しているものは拡張する」という真理・法則があります。「加速の法則」です。

マインドには、志向性があるからです。ですから、持っているものに集中をすると、持っているものが増えます。逆に、持っていないものやネガティブなことに集中すれば、持っていない事実が拡張し、ネガティブなことが増えます。これが自然の秩序です。

感謝というのは、私たちがすでに持っている”良いもの”に集中することです。感謝をすると、持っている”良いもの”が増え、拡張されていきます。

自分がすでに持っているもの、与えられているものに対して、感謝をしなければなりません。それが、私たちが天地自然の摂理と一体になる秘訣なのです。

感謝すればするほど、より早く経済的な豊かさを手に入れる運を手にすることができます。

多くの人が「お金が十分にない」と口癖になっているようです。この「お金が十分にない」と思ってしまうことこそが、自己破壊的な予言になり、自分の生活をみじめなものにしてしまっているのです。

(中略)

私たちの人生は、感謝の量と正比例しています。

(中略)

私が知るかぎり、感謝することが富を築く上で最も重要な手段です。富を築くための主な原則が2つあります。1つは、自分自身に感謝すること。2つ目は、富に感謝することです。

お金はそれを最も大事にする人のもとに自動的に流れるようになっているのです。お金と人は似たところがあります。お金も人間関係同様、愛されたい、感謝されたいと思っているのです。あなたが相手に感謝しなければ、その人はあなたから離れていきますね。同じようにお金も感謝されなければ、感謝してくれる人のもとへと去っていくのです。

(中略)

お金を貯める人は、お金を自分のために働かせることができる人です。こういう人はお金の達人になります。これに対し、お金を大事にせず、貯金しない人は、一生お金のために働き、お金の奴隷になるのです。

(中略)

あなたがお金と自分自身をどれだけ大事に考えるかという点だけなのです。貯金や投資を早く始めれば始めるほど、より大きな資産を築く可能性が高まります。

ジョン・ディマティーニ 著「世界はバランスでできている」p134〜151より引用


アファメーション例文①

私はお金を愛し、感謝の気持ちを持ってお金と向き合っている。「ありがとう。仲間を連れて、戻っておいで」と支払うお金に対して言葉をかけている。

感謝の法則について詳しくはこちら

ステップ2: 財布という非言語アファメーション

アファメーションというと、「私は○○で誇らしい」みたいな言語を使った文章ばかりを思い浮かべることでしょう。

しかし、広い意味で、身の回りの環境も非言語アファメーションとなります。アファメーションとは本来、潜在意識に対する宣言であり自己肯定なのです。

環境は視覚情報として私たちの脳や潜在意識に対して直接的な影響を及ぼします。極端な例で言うと、部屋がゴミだらけで汚いと、セルフイメージもそのようなマインドと低いコンフォートゾーンを築きます。

環境や視覚情報ほど、潜在意識にとってリアリティの高いものは”そうそう”ありません。


お金に関する環境というと、まず筆頭に上がるのが、「お財布」です。そして「貯金」や「資産」です。後者に関しては後述します。

ライフィングコミット 杉本

財布とは非言語アファメーションであり、お金に関するセルフイメージの形成に非常に大きな影響を与えます。

あなたは、”お金の家”である財布をどのように扱っていますか?

あなたの財布の状態は、どのようになっていますか?

あなたの財布は、あなたのお金に対する感謝が反映されたものになっていますか?

ワーク: お金と財布に感謝をする

財布に入っているものを一旦すべて取り出し、財布をきれいに丁寧に丁寧に掃除をしましょう。

そして、財布に入れるものは、お金に関わるものを除いて極力減らし、シンプルに努めましょう。

財布にはできるだけ多くのお金を、“丁寧に揃えて”入れておくようにしましょう。

そうすると、お金に関するセルフイメージやコンフォートゾーンが高まるのです。5万円ないし10万円以上のお金は、入れておきたいところです。

アファメーション例文②

私の美しい財布は、いつでも100万円以上のお金が丁寧に揃えられて入っている。財布を持つたびにその重みと厚み、そして大いなる価値と感謝を実感し、気分が高揚してとても嬉しくなる。

アファメーション例文③

私は、気分や感情がより明るく高まる環境を創造している。掃除に親しみ、床面積を広げ、スペースに余裕を持ち、広々とスッキリした美しい空間に身を置いている。そうして心の余裕と豊かさ、運気を育んでいる。

解説はこちら

ステップ3: 金持ちビジョンをリアルにする

お金に愛されるマインドの根本的なところでいうと、上記の対策だけでも十分だとは思いますが、より発展編ということで、積極的なアプローチとアファメーションについても考えていきましょう。

アファメーションの効果を最大限に考えるのであれば、アファメーションの本質とは、「アファメーションによって描かれる世界のリアリティ」「ゴールの世界の臨場感」です。

あなたが目指すゴールの世界の臨場感を高め、脳内におけるゴール側のリアリティを強化するのがアファメーションの本来の役割であり、正しい使い方です。

それには、まず「ゴール設定」をしなければなりません。要するに、「あなたがどんなお金持ちになるのか、目指すのか?」ということです。

あなたが思い描く理想的なお金持ちの姿について、ビジョンを明確に追求していきましょう。

ワーク: わくわくリスト100

以下の項目を参考に、まずは目標リストを「100個」書き上げてみましょう。

100の目標をリストに掲げることで、あなたの金持ちリアリティに圧倒的な変革が訪れるはずです。

  1.  ゴールの世界の自分がワクワク「やっていること」リスト
     (やりたいこと、経験したいこと、成し遂げたいこと)


  2.  ゴールの世界の自分がワクワク「持っているもの」リスト
     (欲しい物、買いたい物、持ってみたい物)


  3.  ゴールの世界の自分がワクワク「よく行く・行った場所」リスト
     (出入りしたい場所、行ってみたいところ、旅行先)


  4.  ゴールの世界の自分とワクワク「親しい人」リスト
     (出会ってみたい人、関わりたい人、親しくなりたい人)


  5.  ゴールの世界の自分がしたいワクワク「プレゼント」リスト
     (プレゼント、恩返し、寄付)


ライフィングコミット 杉本

上記のビジョンを明確に描くことが、じつは、自分に対するアファメーションそのものなのです。

リストを定期的に見たり、復習することをお忘れなく!!

そして、可能であれば、以下の例を参考に、あなたのお金持ち世界をリアルに再現するアファメーションをつくり、毎日声に出して読み上げましょう。

アファメーション例文④

私の邸宅は広大な土地に佇んでいる。広々と優美な空間、開放感ある高い天井、スッキリ広がる床面積。家族、妻や子供一人ひとりが満足に暮らせる部屋と環境が整い、何一つ不自由ない絢爛な設備と空間が、私たちの心を充分に癒し、活力と元気を与えてくれる。

アファメーション例文⑤

私たちは毎月、世界中を旅してまわり、様々な国や美しい名所、多彩な文化や街並みに触れ、ダイビングや豪華客船を楽しみ、超一流ホテルや楽園でのひと時を満喫している。

アファメーション例文⑥

私たちはお洒落な服やブランド品を贅沢にショッピングしてまわり、着こなし、日々の人生と豊かさを堪能し続けている。そして、世界中の最高峰の美味と至福な空間を味わっている。

アファメーション例文⑦

私は抜群のルックスとスタイルの良さ。人々が思わずハッと目を留めてしまう、そんなオーラと装いと佇まい。卓越したファッションセンスがあり、お洒落でカッコよく美しく、常に人々を魅了し魅(ひ)きつける存在で、誇らしい。

アファメーション例文⑧

私は、自分や家族の幸せ、そして周りの人たち(や多くの従業員たち)の幸福と豊かさを追求し続けている。多様なマネタイズの方法を模索し、富を分かち合い、感謝と幸運に満ち溢れた毎日を過ごしている。

アファメーション例文⑨

私は世界を飛び回り、動かす世界屈指の実業家、投資家。世界中の人々に最も必要とされ、世界を舞台に活躍し、数々のビジネスを心から楽しんでいる。年商○○億円を達成して、富と豊かさの極地を体現している。

アファメーション例文⑩

私は複数のビジネスを所有し、各分野の優秀な人間、最高の人材に囲まれ、ビジネスオーナーとして成功と豊かさ、繁栄、そして優雅な時間をも手にしている。

お金持ちのビジョン・世界観をよりリアルにするには、以下のワークが役立ちます。

ステップ4: 貯金と資産

最後にご紹介する”お金のアファメーション”とは、「貯金」あるいは「資産」の構築です。

少し想像力を働かせてみると当たり前に感じることかもしれませんが、例えば、貯金が0円の場合と、貯金が1億円あった場合とを考えてみてください。

  1.  貯金が1億円ある

    ⇒ セルフトークが自動的に「お金がたくさんある」になる

    ⇒ テンションやエフィカシーが上がり、やる気に満ちる(お金に関する高いセルフイメージが自然に形成される)


  2.  貯金が全くない

    ⇒ セルフトークが自動的に「お金がない」になる

    ⇒ お金に関する低いセルフイメージやコンフォートゾーンが形成される(貧乏マインドを引き寄せる)

セルフトークとは「自分自身に語りかける言葉」のことですが、詳しくはこちら


ライフィングコミット 杉本

お金や貯蓄や資産があればあるほど、じつは、より多くのお金を引き寄せることができます。

豊かさという環境が、お金に関するセルフトークをより肯定的なものにし、セルフイメージやコンフォートゾーンが自然に高まり、お金や資産をより引き寄せるマインドと潜在意識を構築するからです。

より多くのお金や資産が、より多くのお金を呼び込むアファメーションとなるのです。

【お金の五つの習性】

Ⅰ お金は、自分と家族の未来のために財産を築きたいと願い、収入の十分の一以上を貯蓄しつづける人間のもとに、次第にその量を増やしながら、喜んでやって来ようとする。

Ⅱ お金は、良い仕事を見つけてくれる賢い持ち主のために、忠実かつ勤勉に働き、野に群れる家畜のごとく子孫を増やしつづける。

Ⅲ お金は、注意深く守ってくれる持ち主に、いつまでも付き従おうとする。

Ⅳ お金は、注意深く守ってくれない持ち主からは、足早に逃げ去っていく。

Ⅴ お金は、大きな稼ぎを強要する持ち主からも、足早に逃げ去っていく。

ジョージ・クレイソン 著「バビロンでいちばんの大金持ち」p158より引用

アファメーション例文⑪

私は余裕と豊かさ、そして明るい未来のために、(手取)収入の10%以上の金額のお金を貯蓄し続けている。そうして、私の資産は日に日にますます増え続け、豊かなマインドが育まれ、私は大いなる富を享受している。

アファメーション例文⑫

私はお金や資産がより多くのお金を創造し呼び込む仕組みを作り続けている。そうして私の事業や投資、資産はどんどん拡大し続けている。

関連記事:

まとめ


私は若い頃、家庭の事情(両親の不仲や母親の病気など)で、お金や借金にとても苦労しました。そのため、お金の勉強をたくさんして、実践した結果、今があります。

そのエッセンスを、「お金 × アファメーション」というテーマで、まとめたのが今回の4つのステップです。

お財布をきれいにしてみたり、わくわくリストを書いてみたり、興味のあるステップからで構いませんので、ぜひやってみてください!!

  • ステップ1: お金に感謝をする
  • ステップ2: 財布という非言語アファメーションを活用する
  • ステップ3: リアルなお金持ちビジョンを明確にする
  • ステップ4: 貯蓄・資産を構築する