生活・環境・健康

情報空間の断捨離とデジタル断食とは?

こんにちは!!
ライフィングコミットの杉本浩章(Twitter:@lifingcommit)です。

情報空間における断捨離とは?

① 物理空間の断捨離

上記の前提記事で提案したことはとてもシンプルです。「不要・不必要なものや心がときめかなくなったものを徹底して手放し、家や生活環境をスッキリさせましょう」というだけのことです。

モノが多ければ多いほど、家や仕事環境は乱れやすくなります。汚れやホコリはより溜まりやすくなり、片づけや整理整頓・掃除には余計に時間がかかります。

それによって体力も消耗しますし、集中したいときも気が散りやすいものです。

また、多くの人はあまり気にも留めていないようですが、モノが多ければ多いほど、お金もかかります。理由は単純、モノが多いとスペースを食い、それだけ家賃・倉庫費用等が余計にかさむからです。

そこで、例えば引き出しなどを開くと、使わないペンやハサミがいくつもあるものですから、不必要に多いものは手放します。

押し入れやタンスもそうです。たいてい、勢いと気まぐれで買った、今は使わないか興味もなくなったガラクタの山と服などが所狭しとスペースを占領しているはずです。


整理しましょう。本当に心も体もスッキリとしてきます。マインドがクリアになり、脳が活性化します。能力やパフォーマンス、運気や年収によい影響がないはずがありません。

「床面積をより広げる」という感覚を持っていると最強です。

実行して、損は絶対にありません。「何もモノを持つな」などと極端なことを言っているのではありません。ミニマリストになる必要もありません。単に、使わないものを整理整頓・手放して、スッキリしようというだけのことです。

床面積の広さと、能力やパフォーマンス・運気や収入は比例します。

② 情報空間の断捨離

上記の断捨離は、モノが対象でした。つまり、物理空間における断捨離です。

今度は、この記事のテーマである「情報空間における断捨離」をしていただきたいと思います。すなわち、不必要な情報やデータの断捨離のことです。

例えば、スマフォに、今後絶対に見ないような写真が、記念などと言って数多く保存されてはいないでしょうか?

そうすると、必ず、見つけたい写真とが雑多に混在して、探すのに余計な時間と労力やストレスがかかります。

それはパソコンに保存された写真も同じです。


写真だけではありません。ほとんど使わない、あるいは貴重な時間を浪費するスマフォ・アプリも、情報空間断捨離の対象です。使わないもの・人生に実りのないもの、そう感じる対象は、きちんと吟味して徹底して削除しましょう。

そのSNSアプリやゲームアプリは、本当にあなたの人生に実りをもたらす、不可欠なものですか? それとも、時間と精神力をただ浪費する対象ですか?

情報空間の断捨離も、物理空間の断捨離同様、心と体が本当に楽に、スッキリとしてきます。それで能率や集中力が桁違いに高まっていくことが実感できるはずです。

デジタル断食のすすめ

食事に断食があるように、デジタル機器にも断食があることをご存知でしょうか?

断食をすると、胃腸や肝臓が休息の時間を持つことができ、より健康的になれることが知られています。

最近は、16時間断食といって、食べていい時間を1日24時間のうち8時間に限定して、残りの16時間は空腹時間として設ける。そうすると、オートファジーが活性化して、新陳代謝が加速され、絶大な健康効果が期待できるというものが流行りつつあります。

朝ごはんを抜くだけでも断食が簡単に実践できますから、気軽な半日断食・プチ断食として絶大な人気を博しつつあるようです。

16時間断食について詳しくはこちら

青木厚 著「空腹」こそ最強のクスリ


デジタル断食とは、その名の通り、パソコンやスマートフォンを使わない時間や日にちを設けることです。そうして、目や脳や神経がきちんと休息・回復できる時間を作るのです。

先日、電車の中で眼鏡越しに虫眼鏡を使って、小さなスマフォ画面にかじりつく若者を偶然見かけて、かなり衝撃を受けました。

「そんなに目が悪くなる前に、スマフォやめなよ、目を休ませなよ」と思わず声をかけそうになりました。お節介だと思いなおして、声をかけませんでしたが。


最近、目の悪い人が急増したように思います。原因は間違いなく、パソコン・スマフォによる目の酷使と、栄養失調です。

目とは、じつは人体の中で最も酸素と栄養を消費する器官のひとつです。それを酷使して、さらに白米や麺類等の精製食品ばかりを摂っていたら、あるいは、スーパーの惣菜やコンビニ弁当やファーストフードなどの添加物まみれで栄養がかけらもない食材を、栄養を全破壊する電子レンジを使って食べていたら、栄養不足に陥って、糖尿病やガンなどが現代人を蝕んだり、視力も悪化する一方に決まっています。

それをきちんと教えてくれる大人たちが非常に少ない現代社会や、頓珍漢で薬や外科手術などの対症療法ばかりにのみ終始している医師たちの無法無知ぶりには、心底落胆しますし、未来を担う貴重な若者たちがかわいそうで仕方がありません。

パソコン・スマフォの弊害
  1.  強烈な光刺激・情報刺激によって興奮や自律神経のアンバランス(交感神経優位)が生じ、ストレスやリラックス不足が生じる
  2.  視力低下: 近接画面の凝視による近視への最適化(目の筋肉の硬化)
  3.  ブルーライトによる体内時計の乱れ、目や網膜の傷害・病気
  4.  スマフォ中毒・ネット中毒・SNS中毒・ゲーム中毒・ポルノ中毒
  5.  運動不足・血流低下・筋肉の硬直

最近はご存じの方も増えていると思いますが、現在、多くの人々が晒されているLEDライトや、パソコンやスマホの画面から出るLED由来の短波長の高エネルギーであるブルーライトは、網膜を障害することが報告されています。

ブルーライトは可視光の中で最も短波長・高エネルギーであるため、眼の表面だけでなく、眼の奥にまでダメージが及びます。テレビ、パソコン、スマートフォンなどに使用されるLED液晶から大量に放出されているものです。

黄斑部の黄斑色素の主な目的は、傷害をもたらすブルーライトの遮光による光保護機能です。植物やサプリメントで摂取されたルテイン、ゼアキサンチンは、小腸から吸収され血液を通って黄斑部に集まってきます。このカロテノイドが黄色い色素の役割を果たし、反対色であるブルーの短波長を吸収遮断する役目を果たします。

ですから、ブルーライトの遮光により、黄斑部の視細胞である錐体細胞などを守る可能性があります。

さらに脂質が、網膜にある錐体細胞や桿体細胞を守っていることは分かっています。とくに大切なのが、抗酸化作用もあるDHAやEPAといった魚に含まれる脂質で、一般的にはオメガ3とも呼ばれている油です。

深作秀春 著「視力を失わない生き方」p139より引用


話がやや脱線してしまいましたが、要するに、パソコン・スマフォを断食して、ベストコンディションに身体を回復させる機会を持つことが、デジタル断食です。

「毎週〇曜日はデジタル断食をする」とか、「毎日〇時以降はデジタル断食の時間にする」と決めるだけです。

それには、先に解説した「情報空間の断捨離」が非常に効果的です。単純に、パソコン・スマフォに費やされる時間と精神体力を削減できるからです。

情報空間の断捨離項目とは?

以下の項目をデジタル断捨離して、デジタル断食を実践してみましょう。身体が見違えるほどスッキリしてきたり、不調や原因不明の疲れが回復する実感が得られるはずです。

  1.  パソコン・スマフォ内の不要な写真データの整理
  2.  パソコン内の不要なデータ・フォルダの削除
  3.  時間の浪費と感じたSNSアプリ・アカウントの削除
  4.  雑多なスマフォアプリ・電話帳の整理と削除
  5.  使わない各種サイトのログインアカウント退会・パスワード削除
  6.  不要になったネットバンキング口座の解約 

前出のドアッジ博士は、デジタル断食を「失恋」にたとえています。大好きなネットやゲームから引き離された直後には、多くの患者が異性から振られたかのような反応を示すからです。

しかし、そのうち悲しみは穏やかな退屈とさびしさに変わり、しばらくすると穏やかな安らぎが取って変わります。その間も頭のなかではニューロンの配線がつなぎ直されており、あなたの脳は文字通りリセットされるのです。

鈴木祐 著「最高の体調」p173より引用

PC・スマフォ中毒についてはこちら

理想的な食生活についてはこちら