ライフィングコミット LINE公式アカウント
生活・環境

セルフイメージを高める道具たち

環境によって、セルフイメージが高まったり、そうでなかったりすることは、誰でも何となく想像がつくと思います。

今日のテーマは、環境の中でも、身の回りの”道具”によるセルフイメージへの影響について、少し考えてみましょう。

環境とセルフイメージの関係とは?


セルフイメージとは、「自分自身に対する思い込み」「無意識の判断や行動も含めた自分像」のことです。

エフィカシー(自負心・自己効力感)とも非常に近い関係にあります。

セルフイメージが高いと低いとでは、人生に決定的な差が訪れてしまいます。いわば、成功に直結する非常に重要な概念でもあります。

自分に対する評価やイメージが高いと、自分に自信がつき、より肯定的な判断をしたり、よりモチベーティブに行動を起こしたり、高い目標やゴールに果敢に挑戦しようとしたりします。

一方で、セルフイメージやエフィカシーが低いと、何に対しても消極的になります。ゴールを設定しようともしませんし、自分を卑下したり、ネガティブな言葉と判断や行動に囚われたりと、どんどん自分をマイナスに自ら引きずり込んでしまう悪循環に陥ります。いいことは、何一つありません。


そして、セルフイメージとは、相当に環境に依存するものでもあります。

例えば、極端な例かもしれませんが、自分の家と部屋が広々と美しくなっている状態と、狭苦しく埃だらけで汚い状態とで、どちらが自分に対する気分やイメージが高まることが感じられるでしょうか?

あるいは、身の回りの人間関係が、いつも愚痴や文句や悪口ばかりを言っていて、ネガティブな事柄にロックオンしている人たちの場合と、いつも高い志と目標を持ち、明るい将来や人々の幸福と繁栄を願って行動する人たちに囲まれた状態とで、どれほど自分に対する影響やセルフイメージに変化が訪れるか、想像に難くはないでしょう。

それくらいに、身の回りの人間関係や環境とは、本当に大切なことなのです。

セルフイメージを高める道具たち


自分が日々愛用している道具たちも、身の回りの環境の一部です。今日は”身の回りの道具”に焦点を当ててみたいと思います。

① 筆記用具

「私は字がすごく汚くて下手なのですが、字が上手になる方法がありますか?」と聞かれることがあります。

こう聞かれたとき、私は、「高級筆記用語(万年筆やボールペンやノート)を使ってみてください」と答えるようにしています。

字が汚いのは、字に対するセルフイメージ(やセルフトーク)が低いからです。ですから、高級筆記具を使って、環境水準を高め、セルフイメージを向上させるのです。

実際に、私も経験があるのですが、何万円もする万年筆を使って字を書いて、字が極端に汚かったり下手だと、高級万年筆とは不釣り合いだと真摯に感じ、もっと字をきれいにしようとか、丁寧に字を書こうと意識するようになります。

これなどは、環境を改善して、セルフイメージを高め、能力を向上させる好例です。

高級でお洒落な”ノート”を使うのもおすすめです。安いノートだと、雑に扱ったり、しっかり考えて丁寧にモノを書こうという気にはなかなかならないものです。

これが高級ノートになると、明らかに意識は変わります。ゴールやアファメーションをノートに書き留める場合にも、それまでとは内容が全く異なった、自然により高いセルフイメージの内容に変わっていくものです。

美運縁園 通販ショップ

自分の生きる道しるべ、人生の目的地、未来のあるべき姿、豊かさの真髄、それらはあなたにとって最も尊く、かけがえのないもののはずです。

あなたの真摯な想い、ゴールやアファメーションを思い描くには、あなただけの「こだわりノート」に書き留めてみてはいかがでしょうか?

心と気持ちを強く込めるほど、それらは潜在意識に深く刻み込まれ、人生のゴール達成をより確実なものにします。

美運縁園 通販ショップ

② 印鑑

多くの人にとっては、最も盲点かもしれませんが、「印鑑」はその人の人生やセルフイメージにかなりの影響を与えるものです。

例えば、何億円も売上げたり、大きなお金を動かす大会社の社長や投資家たちが、そこらで安く売っている印鑑を使って大きな契約を結んだり、あるいは銀行印を使って口座開設をしたりしているところを、皆さんは想像することができるでしょうか?

印鑑とは、アイデンティティの一部であり、その人の存在の分身に当たるものです。

安い印鑑などを使うから、セルフイメージもそれ相応になり、それ相応の心構えや人生になってしまうのです。

上の写真は、私が日々使っている実印・銀行印・認印の3点セットですが、20年前に10万円くらいで作って、今ももちろん現役です。

”この印鑑のおかげだけで”などと言うつもりはありませんが、「本当にこの印鑑たちのおかげで、ずっと私の資産や契約やセルフイメージは守られていたんだろうな~」と、私は印鑑を使うたびに真摯に感じます。

おかげさまで、今では、私も何千~何億円ものお金が動く契約にも携われるようになりました。それを守ってくれているのは、まぎれもなく、この印鑑たちのおかげです。感謝の気持ちに堪えません。

③ 財布

最近はずいぶんと電子マネー化が進み、財布を使う機会は明らかに一昔前より減ってきています。私も最近はあまり財布を持ち歩かず、スマフォとカードケースとキーケースという3点セットで出歩くようになりました。

ですが、日本の場合はまだまだお財布も現役です。

そして、この先どれだけ紙の紙幣やお金が使われるのかは分かりませんが、ただ、この場ではっきり言えることは、以下の法則が成り立つことです。

財布が汚い ⇒ お金に対する感謝や意識が薄い ⇒ お金に関するセルフイメージが低い ⇒ 潜在意識がお金に対して肯定的にならない ⇒ 金運に恵まれない(お金を引き寄せる方向にマインドが働かない)

ライフィングコミット 杉本

お金や財布は丁寧に扱い、大切にし、財布はお金の家だと思って、常にきれいに整理整頓を心がけたいものです。

間違っても、マネークリップなどを使って、お金を粗末に扱ってはいけません。

アファメーション例文

私はお金を心から愛し、注意深く守り、感謝の気持ちを持ってお金と向き合っている。私がお金を使うときは、そうする価値が本当にあるときだけに使い、「ありがとう。仲間を連れて、戻っておいで」と支払うお金に対して言葉をかけている。

④ スマートフォン

これは本当にセルフイメージを落とすな~と、私が個人的に特に感じるものが、「スマートフォンの画面のひび割れ」です。

私自身の場合はというと、過去に2回ほどスマフォを地面に落として画面にヒビが入ったことがありますが、その都度すぐに直すようにしました。今はiPhone12を使っているのですが、この機種は外観が随分と変わって、手に持っていて滑りにくく、機種変更後は落とすことはなくなりましたね。

きれいな画面がコンフォートゾーンになっていると、画面のひび割れは気になって仕方がないはずです。ヒビが入っていても気にならない人は、単にそれが慣れているだけの話ですが、スマフォ画面のひび割れは、「壊れていても、きれいでなくても、あるいは中途半端でも大丈夫」というメッセージを非言語的に潜在意識に対して送ってしまっているようなものです。

そうすると、他のあらゆる物事や仕事の面でも、もしくは、人間関係においても、気づかないところで意図せずに、ヒビやほころびが生じてしまうものです。

これを「一事が万事」と呼びます。スマフォの画面はきれいにしておきたいものです。なるべく落とさないように、注意するしかありません。

「コーチング・セッション」 受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

お申込はこちら