ライフィングコミット LINE公式アカウント
コーチング用語集

ゴール設定とは?コーチングによる目標とゴールの違いとは?

この記事では、コーチングの最重要キーワード「ゴール設定」という用語について解説します。

ゴールとは、「人生や組織における目標・目的地」のことです。ゴール設定について知識と理解を深め、あなたの人生を加速させましょう!!

ゴールとは? ゴール設定とは?


ゴールとはなんの難しい概念もありません。「人生でやりたいこと」「成し遂げたいこと」「人生の目標や目的地」のことです。

ゴールとは?
  •  人生でしたいこと
  •  心から成し遂げたいこと
  •  人生の目的地
  •  人生や組織の大いなる目標
  •  自分にとって理想の信念やビジョン

コーチングとは、「ゴールを設定し、それを実現するためのマインドの上手な使い方」のことをいいます。

そしてコーチングにおけるゴール設定には、次の3つのルールが存在します。

ゴール設定の3つのルール
  1.  ゴールは現状の外側に設定する
  2.  ゴールは心からやりたいことを設定する
  3.  ゴールは人生(や組織)のあらゆる分野・方面に設定する

※ 現状の外側とは、現在の状況から大きく離れた世界のことです。今の自分が大きく変わらないかぎり、実現できないゴールのことです。


例えば、以下のような目標は、コーチングにおける正しいゴール設定ではありません。

  •  自分はあまり仕事ができないから部長にでもなれれば大満足

  •  もうちょっと広い部屋に住みたい・年収を今の1.5倍にできれば十分

  •  世間体ゆえに○○大学や○○商社にでも行っておこう

  •  とりあえず恋人が欲しい

  •  (病の人が)健康さえ維持できれば私はそれでいい

上記のこれらの例は、現状の外側ではないか、心から望んでいることではありません。

多くの人は、目標設定やゴールを考えるとき、現状に縛られます。現状の内側のゴール設定をしてしまいます。

今の自分の能力や成果、現在の状況、身の回りの環境や水準など、現状に足を引っ張られ、大きな志を持ったり、大いなるビジョンを描いたり、遠く高いゴールを持とうとしません。

ゴールを持たないか、持ったしても現状に近いゴール、手の届きそうな目標にしか手を伸ばそうとしません。

これらは、現状に縛られた判断、現在のセルフイメージに沿った思考と行動によって起こるものです。

現在の自分から遠く離れた世界に対してスコトーマ(心理的な盲点のこと)を築き、大いなる志や信念、壮大なる理念や目標を思い描けなくなってしまっているのです。


コーチングとは、ここを乗り越えることが第一歩です。

まずは、現状に縛られた判断をやめて、もっと自由に、自分が人生において本当にやりたいことを躊躇せず追求することが、コーチングのスタートとなります。

過去や現状に一切とらわれず、自分にとっての理想世界を思い描くことがコーチングです。

そうしてはじめて、私たち人間は、潜在意識の奥深くに隠された真の可能性と潜在能力を引き出し、今まで自分が自ら心の牢獄へと閉じ込めてきた創造性とアイデンティティを解き放ち、本当の自由と幸福と豊かさを手に入れることができるようになります。

できるかできないか、可能か不可能かで判断するのではなく、心の底からやりたいかどうかだけで判断をするのです。

今の自分には大きすぎると思うようなゴールを設定することからはじめましょう。

そして、それを現状のほうに引き寄せるのではなく、そのゴールに向かって自分を成長させていきます。ゴールに圧倒されないくらい、今よりずっと大きな自分になるのです。

ルー・タイス(コーチングの創始者)

バランスホイールとは?

ゴール設定の3つめのルールに、「ゴールは人生(や組織)のあらゆる分野・方面に設定する」というものがあります。

これについては多くの様々な理由や説明方法が考えられますが、最もシンプルな理由とは、「人生をたった一つのゴールで終わらせてしまってはもったいない」ということでしょう。

また、「バランスを欠いた人生で本当に幸福や豊かさが感じられるか?」ということもあります。

人生(や組織)において、各分野や方面にバランスよく複数のゴールを設定することを「バランスホイール」といいます。

  •  仕事・キャリア
  •  家族・人間関係 
  •  趣味・生きがい
  •  運動・スポーツ
  •  生涯学習・教育
  •  健康・美容・鍛錬
  •  地域活動・社会貢献

※ 上記はバランスホイールの一例になりますが、すべての分野を厳密に一つずつゴールを設定していく必要はありません。バランスホイールの分野や内容、ゴールの中身は、自由に創造したり、決めることができます。

目標とゴールの違いとは?


「目標」と「ゴール」の違いについて解説します。

① 目標とは?


目標とは一般に、私たちの「目指すべき行先」全般を指す言葉ですが、非常に広い意味を持つ場合がほとんどです。「短期・中期目標」「長期目標」「壮大な目標」「身近な目標」というように、様々な場面に多用されます。

ただ、世間一般の感覚からすると、高い目標だろうと、比較的近い目標であろうと、明確な内容を示すことが多いと思います。

人生や行動、企業・組織の方向性と行先を指し示すものであれば、何でも”目標”と言えるのではないでしょうか?

② ゴールとは?


一方、ゴールとは、コーチングの場合は「ルールに沿った遠く高い目標」のことをいいます。

ゴール設定の3つのルール
  1.  ゴールは現状の外側に設定する
  2.  ゴールは心からやりたいことを設定する
  3.  ゴールは人生(や組織)のあらゆる分野・方面に設定する

コーチングのゴール設定とは、ゴールの内容やイメージを明確にできないことが少なくありません。それは「現状の外側」を目指したり、壮大な世界観を目標にしたり、人によっては非常に抽象度の高い利他的なビジョンを思い描く場合もあるからです。

例えば、「フェラーリのスポーツカーを所有して、それに乗って日本を一周する」というようなゴールであれば、現状の外側のゴールであったとしても、ビジョンやイメージは明確に描けると思います。


しかし、以下のような壮大なゴールの場合は、ビジョンやイメージを明確に描けるでしょうか?

  •  年収1億円の生活と世界を目指してみる

  •  世界最高峰の○○になる

  •  ワールドクラスの偉大な実業家になる

  •  すべての人々が幸福を感じることのできる世界の創造と実現

  •  全人類に充分な食料を提供する

  •  真の親孝行と社会貢献を実現し、世の中の人の役に立つ

目標とは、明確な行先を指す一般用語ですが、コーチングにおけるゴール設定とは、その中身やニュアンスがかなり異なることが分かるかと思います。

ただ、広い意味では、「ゴールは人生の目標であり目的地」と表現することができるでしょう。あまり難しく考えずに、「コーチングのゴール設定とは、3つのルールに則った人生の目標・目的地」と考えればいいでしょう。

サブゴール・ミニバランスホイールとは?

ゴールを設定したら、その次は、そのゴールの世界のあり方やビジョンを次第に明確にしていかなければなりません。

なぜなら、脳や潜在意識とは、明確でリアルでないものは自らの行先・真の目的地として認識せず、スルーしてしまうからです。

① サブゴールとは?


この場合、ひとつの考え方・やり方が「サブゴールの設定」になります。

サブゴールとは、「ゴールの世界を構成する要素や一部分」、または、「ゴールを達成していく過程での中間地点」のことです。

サブゴールを設定し、ゴールの世界を明らかにしていくことで、現状の外側という漠然としがちなゴールの世界観が、リアリティや臨場感の伴ったものへと変化をしていくようになります。

ビジュアライゼーションも大変しやすくなりますし、アファメーションも非常に書きやすくなるはずです。

サブゴールの具体例はこちら

② ミニバランスホイールとは?


ミニバランスホイールとは、本質的にサブゴールと同じものです。

ゴールを設定する際に、まずバランスホイールに沿って、各分野や方面にゴールを複数設定していきます。

そして、バランスホイールの項目一つひとつに、そのサブカテゴリーとして、ミニバランスホイールを作ります。それぞれのバランスホイール内のゴール一つひとつの中身や構成要素をミニバランスホイールとして表現していくのです。

ミニバランスホイールを豊富に書き込んでいくことで、ゴールの世界の具体性とリアリティがより強化され、臨場感が高まり、ゴールの世界(やその一部分)をより明確にイメージすることができるようになります。

ルータイスの方程式

I(Image)× V(Vividness)= R(Reality)

イメージに鮮明さが伴うと、リアリティになる

  1.  鮮明で明確なイメージの描写が脳内のリアリティを作ります。
  2.  人間は脳内のリアリティに従って、判断したり行動を起こします。
  3.  ゴールの世界(やその一部分)を強くリアルに感じると、ゴールは達成に向かいます。

「コーチング・セッション」 受付中!!

「コーチング・セッション」とは、あなたと私が1:1で直接対面セッションを行い、スムーズに「ゴール設定」と「ゴール達成」を実現するための「マインドの上手な使い方」をお伝えするものです。

「オンライン・セッション」も承っております。

お申込はこちら